鑑賞レポート「新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで」(ジェイアール名古屋タカシマヤ)

鑑賞レポート「新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで」(ジェイアール名古屋タカシマヤ)

ジェイアール名古屋タカシマヤで開催されている「新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで」を鑑賞してきたので紹介します。

新海しんかいまことさんのことは、「君の名は。」で初めて知りました。劇場で観たときの、描写の美しさとストーリーに驚かされた記憶は、今でも鮮明に覚えています。

残念ながら、まだ「君の名は。」以外の作品は観れていなかったので、今回の展示会は、実質「君の名は。」を楽しみに行ったようなもの。なので、「君の名は。」を中心に鑑賞したのですが、劇場で観たときの感動が思い起こされてきました。また、作品が出来上がっていく過程がよく分かったので、作品の裏側を観ている感じがして、それもまた面白かったです。

新海誠さんの作品が好きな人は、絶対に楽しめる展示会なので、ぜひチェックしてみてください。

新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで 概要

鑑賞レポート「新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで」(ジェイアール名古屋タカシマヤ)

展示内容・みどころ

アニメーション監督・新海誠15年の軌跡をたどる展覧会

制作資料の展示
新海誠監督による企画書や絵コンテをはじめ、設定資料や美術背景、映像や原画など貴重な資料を一挙に展示し、作品の制作の過程をひもといてゆきます。

言葉の展示
新海誠監督作品の大きな特徴でもある言葉も展示。各作品から選りすぐった印象的なセリフに加え、インタビューなどで新海誠監督が語った言葉を紹介します。

主題歌の展示
新海誠監督作品を彩る主題歌を、歌詞や映像とともに展示します。新海誠監督の映像に寄り添い、作品をより魅力的なものにしている音楽にも注目です。

映像の展示
新海誠監督作品の大きな魅力である美しい映像表現。本展では各作品の印象的なシーンの本編映像を展示します。また、作品の制作過程で作られた貴重な資料映像も展示します。

by 展示内容・みどころ|新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで

開催情報

▼名古屋会場情報

  • 会場:ジェイアール名古屋タカシマヤ(名古屋市中村区名駅一丁目1番4号)
  • 会期:2019年2月16日(土)~3月3日(日)
  • 入場時間:10階特設会場 10:00→19:30(閉場 20:00)、サテライト会場 タカシマヤ ゲートタワーモール 7階 ローズテラス 10:00→20:30(閉場 21:00)
  • 入館料:一般 800円、大学・高校生 600円、中学生以下無料(詳細はホームページをご覧ください)
  • ホームページ

▼巡回スケジュール

  • 大岡信ことば館(静岡)2017.6.3 sat – 8.27 sun
  • 小海町高原美術館(長野)2017.9.2 sat – 10.29 sun
  • 国立新美術館(東京・六本木)2017.11.11 sat – 12.18 mon
  • 札幌芸術の森美術館(北海道)2018.1.3 wed – 2.25 sun
  • 阪急うめだ本店(大阪)2018.3.14 wed – 4.2 mon
  • みやざきアートセンター(宮崎)2018.4.14 sat – 5.27 sun
  • TFUギャラリーMini Mori(宮城)2018.6.2 sat – 7.8 sun
  • 北九州市漫画ミュージアム(福岡)2018.7.21 sat – 9.24 mon
  • 金沢21世紀美術館(石川)2018.10.6 sat – 11.3 sat
  • 青森県立美術館(青森)2018.11.10 sat – 12.9 sun
  • 沖縄県立博物館・美術館(沖縄)2018.12.18 tue – 2019.2.3 sun
  • ジェイアール名古屋タカシマヤ(愛知)2019.2.16 sat – 3.3 sun

作家「新海誠」略歴

新海 誠(しんかい まこと)
1973年生まれ・男
東京都在住・長野県出身
アニメーションの監督をしています。オリジナルの劇場用映画、CMやPV等の短編映像等。

by Other voices-遠い声- » プロフィール

新海誠個人ブログ

新海誠Twitter

新海誠作品ポータルサイト

鑑賞レポート

あの感動を再び

この展示会は、タイトルの通り、新海誠さんの作品「ほしのこえ」から「君の名は。」までが一挙に公開されています。ただ僕は、「君の名は。」しか観ていなかったので、実質「君の名は。」のためだけに足を運びました。

個人的に、最もテンションが上がったのが、制作資料の展示です。「君の名は。」がまだ、えんぴつで描かれていたところから、色がつき、動きが入り、セリフが乗っていく過程が、順を追って知ることができてワクワクしました。

そして、所々で再生されている映像たち。劇場で感動したことが思い出されて、心がジーンと小さく震えました。

サテライト会場では、作品を思い起こさせる一枚が展示されていました。こちらは、写真撮影可能です。

僕はなんと言って、「君の名は。」のシーンが大好き。一時期、「君の名は。」のモチーフになった場所が観光地になっていましたよね。あの場所の写真があって、「あっ、あれだ」と思い出されました。

Twitterでの感想・反応

まとめ

今回の展示会は、「君の名は。」が最高でした。いや、きっと他の新海誠さんの作品を観ていたら、満足度は倍増だったことは間違いありません。まだ作品を観られていないことが悔やまれます。

そしてなんと、2019年7月19日からは、新海誠さんの作品が劇場で公開されるとのこと。今から予告しておきますが、絶対に観に行きます。だってもう、感動すること間違いなしじゃないですか?

新しい作品が公開されるまでまだ時間があるので、「君の名は。」を観たり、他の作品もチェックしたりしながら、待つことにします。

映画「天気の子」公式サイト

シェア大歓迎

記事を読んでいただき、ありがとうございます。もし役に立ったor参考になったときは、下のボタンからシェア・ツイートしていただけると嬉しいです。

この記事を書いた人

ぞの

ぞの

名古屋在住の20代サラリーマン。会社や周囲の顔色を伺いながら生きる人生から、自分が主人公として生きる人生へシフトするドキュメンタリーを実践中。ブログやPoints of Youを通じて、夢を実現するサポートもしています。

Points of You個人セッションの申し込み

Points of Youというユニークなカードを使ったコーチングを体験してみませんか?

自分のことを深く知り、行動できるようになるためのサポートをさせていただきます!