【感想】オイスターズ プロデュース公演「日本語私辞典」(ささしまスタジオ)の観劇レポート

【感想】オイスターズ プロデュース公演「日本語私辞典」(ささしまスタジオ)の観劇レポート

オイスターズ プロデュース公演「日本語私辞典」を鑑賞してきたのでご紹介します。

本公演は、平塚さんらしい、日本語あそびが施されていました。

みんなが使っている日本語から、ある文字だけが消えてしまった世界が、面白おかしく演じられています。

そしてまた、「私」という1人の人物を、5人の役者で演じていることも面白かったです。

1人の人間でもいろんな側面があるのだということが、ものすごく伝わってきました。

ではもっと詳しく、オイスターズ プロデュース公演「日本語私辞典」についてお伝えしますね。

観劇レポート

いろんな「私」と出会える公演

この作品は、ストーリーが進むにつれて、使える日本語が減っていきます。

例えば、「す」がなくなったら、世の中にある「す」がつく、イスだったりが消えてしまいます。

最初のうちは、文字が消えても、そんなに生活に影響はありませんでした。

けど、徐々に、徐々に使える文字が消えていくと、コミュニケーションに支障がでてきます。

まるで、江戸時代のやりとりを見ているような、堅苦しい言葉ばかりになっていったのが面白かったです。

そしてまた、この作品の魅力は、いろんな「私」に出会えることにあります。

というのも、「私」という1人の登場人物を、5人の役者さんが演じているのです。

  • 朝の私
  • 登校する私
  • 学校の私
  • バイトする私
  • 夜の私

という具合に、1人の人間でせ、いろんな側面があることを気付かせてくれました。

同じ「私」でも、周囲の環境が変わるたびに別のキャラクターが登場して、すごく面白かったです。

Twitterでの感想・反応

「日本語私辞典」byオイスターズ 概要

フライヤー

あらすじ

いつもの朝、いつもの挨拶をして、いつもの人達に会って、いつものように笑って、いつものように寝る。そうやっていつも当り前にある物や人が突然消えてしまった。…そんなこともいつもある。それも日常ならば、当り前に「私」だと思っていた「私」が突然「私」ではなくなってしまう事だってあるだろう。そうなると失って初めて気づく日常の光景には、さて、誰がいつ気付くのでしょう?

出演者

  • 中尾達也
  • 田内康介
  • 芝原啓成
  • 平塚直隆(以上オイスターズ)
  • 秋葉七海(エージェントオフィスタクト)
  • 川本麻里那(劇団あおきりみかん)
  • 佐藤美輝
  • 橋本咲季
  • 廣瀬菜都美(A-team group A-light)

公演スケジュール

  • 2021年8月19日(木)19:30
  • 2021年8月20日(金)19:30
  • 2021年8月21日(土)14:00/18:00
  • 2021年8月22日(日)11:00/15:00

劇場:ささしまスタジオ

まとめ

本公演は、平塚さんらしい、日本語あそびが印象的でした。

もし自分の辞書から、ある文字だけなくなってしまったらどうなるだろうと、想像してしまいましたね。

コロナ禍で公演が危ぶまれましたが、無事に、開催してもらえて本当によかったです。

ありがとうございました。

オイスターズの過去公演情報

▶︎▶︎▶︎おうちで演劇みるなら「観劇三昧」で!

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。