【感想】ジブリパーク「青春の丘」レビューまとめ – 耳をすませばの聖地!地球屋が最高すぎる!

ジブリパーク「青春の丘」レビューまとめ

2022年11月1日にオープンした「青春の丘」へ行ってきたので、感想や注意点などをご紹介します。

僕的には、「耳をすませばの聖地!」と勝手に認定してしまうほどに、最高すぎる場所でした。

ジブリ作品の中で、一番、耳をすませばが好きだってこともあり、地球屋がそのまま再現されていることに感動したからです。

残念ながら、写真撮影NGだったのですが、「あの古時計」「あのバロン」と出会えて感激しました。

特に古時計は、30分ごとにエルフの王女とドワーフの王が登場する仕掛けになっていて、胸が躍りまくりです。

この記事では、僕が体験してきた青春の丘をしっかりとお伝えしていきます。

感想だけでなく、注意点もいくつかあるので、どうぞ参考にしてみてくださいね。

【感想・注意点】ジブリパーク レビュー(愛・地球博記念公園(モリコロパーク))

青春の丘の感想

耳をすませば「地球屋」

ジブリパーク「青春の丘」

青春の丘のメインは、耳をすませばの舞台となった「地球屋」です。

残念ながら地球屋は、店内の撮影がNGです。

めちゃくちゃ素敵な作品がいっぱいあるのに、残念で仕方ありません。

しっかりと目に焼き付けるようにしましょう。

ジブリパーク「青春の丘」

地球屋の入り口に、さりげなく自転車と黄色のジャンパーが置いてあります。

耳をすませばが好きな人なら、天沢聖司のものだと一瞬で気が付きますよね。

ここは、最高の撮影スポットです。

ジャンパーは、着用可能なので、雫のように羽織ってみたり天沢聖司になりきってみたりして撮影してくださいね。

ジブリパーク「青春の丘」

地球屋の店内には、物語に登場したアイテムが、たっくさんあります。

「あの古時計」は、30分ごとに物語と同じように動き始めます。

「あのバロン」は、瞳を覗き込んでみると、雫と同じように感激できます。

雫の物語を読むシーンで腰掛けていた「あのチェアー」には、実際に座ることができます。

「あのバイオリン工房」だって、地球屋の1階部分に再現されています。

他にも、店員さんに頼むと流してくれるレコードだったり、料理をするためのキッチンなんかも用意されています。

全体の雰囲気は、耳をすませばの通りになっているので、自分が物語に入ったような気分になりますよ。

ジブリパーク「青春の丘」

地球屋の横には、ちゃんと下に降りていく階段もあります。

耳をすませばファンなら、間違いなく降りていくときに、テンションが上がりますよね。

ちなみに、さりげなく設置されているゴミ箱の中には、バイオリン制作で使われたと思われる木材が捨てられています。

ちゃっかりと覗いておきましょう。

ジブリパーク「青春の丘」

青春の丘の敷地内には、なぜか郵便ポストが置いてあります。

その理由は、地球屋に入るとわかります。

なんと、地球屋でポストカードを購入して、ここから郵便を出すことができるのです。

すると、青春の丘限定の、消印を押してもらえるとのこと。

ついつい、郵便を送りたくなっちゃいますよね。

ジブリパーク「青春の丘」

あと、何気に、ムーンが鎮座していた鈴木さん亭の玄関があります。

「なぜこれが?」と思ってしまったのは否めませんが、名シーンの一つでもあるので、良しとしましょう。

青春の丘の出口付近には、雫の悪夢で登場した本物の原石を探せる場所があります。

洞窟になっていて、ところどころ光ったり消えたりするのが、とてもリアルです。

雛鳥はいないと思うので、安心してくださいね。

猫の恩返し「猫の事務所(バロンの家)」

青春の丘のもう一つの目玉は、猫の恩返しです。

残念ながら僕は、猫の恩返しを見たことがなかったので、感動は少なめでした。

けど、家の中を覗き込むと、バロンがいたことにはテンション上がりましたね。

小さい家ながらも、すごくリアルに再現されています。

特に、装飾品は、めちゃくちゃ美しいので、注目してみてみてください。

気が付きにくいかもしれませんが、バス停の時刻が夜しかなかったり、ベンチの横に落書きが描かれていることもお見逃しなく。

公衆電話も、絶対に耳を当てて聞いてみてくださいね。

ちょっとしたホラーが味わえます。

青春の丘の概要

青春の丘とは

丘の上から公園を見下ろすのは『耳をすませば』の「地球屋」です。あのベランダからは園内を一望できます。

チケット

種類料金入場時間枠
「青春の丘」「ジブリの大倉庫」セット券【平日】大人3,000円 子ども(4歳~小学生)1,500円
【土日休】大人3,500円 子ども(4歳~小学生)1,750円
9:00/9:30/10:00/10:30/11:00/11:30/12:00/12:30/13:00/13:30/14:00/14:30/15:00/15:30/16:00
チケット情報の詳細

「青春の丘」単体でのチケット販売はありません。

アクセス

ジブリパークMAP
拡大版のジブリパークMAP

青春の丘の注意点

所要時間は1時間くらい

青春の丘は、およそ1時間あれば、充分に鑑賞できます。

早い人だったら、30分くらいで見切ってしまうかと思います。

地球屋は撮影NG

地球屋の店内は、撮影をすることができません。

めちゃくちゃ素敵なアイテムたちがいるのに残念ですが、ルールを守りましょう。

地球屋は狭い

地球屋の中は、たいへん狭いです。

ベビーカーや車椅子での入店は、厳しいと思っていいでしょう。

1か所しかない階段も、譲り合って通行しましょう。

グッズは少なめ

青春の丘では、2つしかグッズがありません。

  • オリジナル切手シート
  • はがき(6種類)

耳をすませばが大好きな僕的には、少し残念です。

地球屋で販売していますので、覗いてみてくださいね。

青春の丘まとめ

青春の丘は、耳をすませばの聖地です。

地球屋は、耳をすませばファンだったら、唸りを上げてしまうくらいに最高の場所です。

「あの古時計」が動き始めたときには、鳥肌が立ってしまうくらいに感動しました。

「あのバロン」だって、すごく素敵でイケメンでした。

細かな装飾も、耳をすませばに登場する地球屋そのものなので、自分自身が作品に入り込んでしまったような気分になれます。

本当に最高な場所なので、ぜひ楽しんできてくださいね。

▼こちらの記事では、ジブリパーク全体の感想・注意点を紹介していますので、あわせてチェックしておいてくださいね。

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。