【感想】perky pat presents「いとこ同志」(円頓寺 Les Piliers)の観劇レポート

perky pat presents「いとこ同志」を観劇してきたので紹介します。

物語の舞台は、夜行列車。男女が偶然出会ったのかと思わせるスタートでしたが、実は「いとこ」という関係でした。そしてこの二人は、随分と前から恋人のような関係だった模様。

しかし、とにかくミステリアスな関係性なので、本当に恋人だったのか、ただの虚構だったのかは分かりません。

客席24席という狭い舞台の中で、夜行列車を再現し、「今」「学生時代」「働き出して間も無く」と、時間軸の切り替わりの演出も見どころでした。

110分とやや長い公演でしたが、終演まで「いとこ同志」の関係性から目が離せませんでした。ミステリアスな作品を堪能することができました。

perky pat presents「いとこ同志」

「いとこ同志」by perky pat presents 概要

ビラ・チラシ

perky pat presents 16「いとこ同志」
perky pat presents 16「いとこ同志」
perky pat presents 16「いとこ同志」
perky pat presents 16「いとこ同志」
perky pat presents 16「いとこ同志」
perky pat presents 16「いとこ同志」

あらすじ

夜行列車に揺られる「女」と「男」。
「女」は小説家、「男」は機密工作員のようだが、二人とも謎めいている。
そこに関わる「彼」と「彼女」。
四人が織りなす現実と虚構を、1970年開催の大阪万国博覧会から
現在に至る時間が貫いていくミステリアスな物語。

作・演出・出演者・スタッフ等

▼作・演出

  • 作:坂手洋二
  • 演出:加藤智宏

▼出演者

  • 川村ミチル(劇団そらのゆめ)
  • いちじくじゅん(てんぷくプロ)
  • 古場ペンチ(Pinchi番地)
  • 早川綾子

▼スタッフ等

  • 音楽:橋本知久
  • 照明:巽悟郎
  • 音響:就也(千喜屋)
  • 大道具:管正憲(劇団そらのゆめ)
  • 衣装:いしぐろひろこ
  • チラシデザイン:藤島えり子(room16)
  • 制作:加藤智宏
  • 主催:office Perky pat
  • 協力:安藤真美、谷口未紗、劇団そらのゆめ、てんぷくプロ、Pinchi番地

公演スケジュール

  • 5月9日(木)19時30分
  • 5月10日(金)19時30分
  • 5月11日(土)14時、19時
  • 5月12日(日)14時、19時
  • 5月13日(月)19時30分
  • 5月14日(火)19時30分
  • 5月15日(水)19時30分
  • 5月16日(木)休演日
  • 5月17日(金)19時30分
  • 5月18日(土)14時、19時
  • 5月19日(日)14時、19時
  • 5月20日(月)19時30分

劇場:円頓寺 Les Piliers

住所:名古屋市西区那古野1-18-2

地下鉄桜通線「国際センター」駅2番出口から徒歩5分
地下鉄鶴舞線「丸の内」駅8番出口から徒歩8分

観劇レポート

ミステリアスな「いとこ」関係が見どころ

小説家である「女」が書いた小説が、物語の舞台です。夜行列車で繰り広げられる「いとこ同志」の本物なのか虚構なのか、不思議なやりとりが110分も続きます。

観劇後の感想は、「この110分間は、何が起こっていたんだろう・・・」というミステリアスな感覚が残りました。

もちろん、嫌な感覚ではありません。

目の前で起こっていることが不思議過ぎて、脳内処理が追いついていない感じとでも言うのでしょうか。

大人を感じさせる場面、茶番のような場面、初々しいカップルのような場面と、夜行列車の中が、次々と違う雰囲気に包まれている感じが印象的でした。

Twitterでの感想・反応

演劇好きに読んでいただきたい記事

▶︎▶︎▶︎おうちで演劇みるなら「観劇三昧」で!



注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。