【感想】演劇組織KIMYO 華の近代名作集「ある男、ある夏」(ナビロフト)の観劇レポート

演劇組織KIMYO「『ある男、ある夏』『殺意~ストリップショウ~』」

演劇組織KIMYOの「ある男、ある夏」を観劇してきたので紹介します。

本作品は、華の近代名作集として「殺意~ストリップショウ~」と同時公演でした。

観劇し終えた瞬間の感想は、「ある男」のダメ男っぷりに、すごく共感していました。いつまでもウジウジと行動を起こさず、同じ毎日を過ごすだけの生活が、まるで自分を見ているような気がしたのです。

両作品を観劇しましたが、この記事では、「ある男、ある夏」についてお伝えしていきますね。

演劇組織KIMYO HP

演劇組織KIMYO Twitter

「ある男、ある夏」by演劇組織KIMYO 概要

ビラ・チラシ

演劇組織KIMYO「『ある男、ある夏』『殺意~ストリップショウ~』」

演劇組織KIMYO「『ある男、ある夏』『殺意~ストリップショウ~』」

あらすじ

味気ない日々を過ごす男。
価値も、情緒も、
風景も無い。
ある夏の日に、
少女が部屋にやってきた。

脚本・演出・出演者・スタッフ等

▼原作・上演台本・演出

  • 原作:寺山修司
  • 上演台本・演出:宮谷達也

▼出演者

  • 藤原孝喜(演劇組織KIMYO)
  • 野田雄大(演劇組織KIMYO)
  • 長江峰和(演劇組織KIMYO)
  • 藤田沙也佳(演劇組織KIMYO)
  • 川上珠来

▼スタッフ等

  • 舞台監督・舞台美術:岡田保
  • 照明:今津知也(オレンヂスタ)
  • 音響:shijita (劇団スマイルバケーション)
  • 音楽:エスパー渡辺
  • 衣装:元山未奈美
  • 小道具:長江峰和
  • ダンス振付:藤原孝喜
  • 宣伝美術:チーム㎡
  • 制作:山本一樹

公演スケジュール

A…ある男、ある夏
S…殺意〜ストリップショウ〜

  • 6月19日(水)A20:00
  • 6月20日(木)S20:00
  • 6月21日(金)S17:00/A20:00
  • 6月22日(土)A13:00/S16:00/A19:00
  • 6月23日(日)S13:00/A16:00/S19:00
  • 6月24日(月)A17:00/S20:00

劇場:ナビロフト

住所:名古屋市天白区井口二丁目902
アクセス:名古屋市営地下鉄鶴舞線「原駅」より徒歩8分

観劇レポート

「ある男」に共感しつつも、謎が多い作品

演劇組織KIMYO 華の近代名作集「ある男、ある夏」

物語は、ある夏、8月の1ヶ月間の出来事でした。暑い、やる気が出ない、会社へ行きたくない。そんな、いつもと同じ日々を送る「ある男」が主人公でした。

怠惰な生活とはまさにこのこと。気を抜いてしまった人間が、もっとも陥りやすい状況に共感を覚えました。

そんな中、「ある男」の生活に、変化が起こり始めます。

ただ観ていて、この変化の意図が、よく分からないところが多かったのが正直なところ。

昭和を感じられるシーンや、ある男の寂しさを埋めるような出来事の数々。それらに込められた意図とは一体・・・

Twitterでの感想・反応

演劇組織KIMYOの他の公演情報

演劇好きに読んでいただきたい記事



注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。