【感想】劇団あおきりみかん「三人寄れば、文句の杖」(スタジオ・座・ウィークエンド)の観劇レポート

劇団あおきりみかん ぽんかん劇場 其の伍「三人寄れば、文句の杖」

劇団あおきりみかん ぽんかん劇場 其の伍「三人寄れば、文句の杖」を観劇してきたので紹介します。

本作品は「ぽんかん劇場」といって、いつもの劇団あおきりみかんとは少しテイストの違う舞台です。僕は、劇団あおきりみかんの舞台を3回ほど観てきましたが、テイストが全く違いました。「濃ゆい」と表現するのが正しいと思います。

90分間の舞台で、1分に一度笑って、10分に一度大笑いするような作品でした。アラフォー女性の文句に、リアルさをひしひしと感じながら爆笑していました。おかげで、観劇翌日の今日は、アゴが筋肉痛です。

ではもっと詳しく、劇団あおきりみかん「三人寄れば、文句の杖」についてお伝えしますね。

劇団あおきりみかんHP

「三人寄れば、文句の杖」by劇団あおきりみかん 概要

ビラ・チラシ

劇団あおきりみかん ぽんかん劇場 其の伍「三人寄れば、文句の杖」
劇団あおきりみかん ぽんかん劇場 其の伍「三人寄れば、文句の杖」

あらすじ

女3人、不惑の40手前。
『文句』を栄養に、今日も生きる。

稲荷神社のある穏やかな町。
その町の裏路地のちょっとした広場。
着ぐるみに身を包んだ女3人がいつものように集まっている。
3人は、いつのまにかこうなってしまった。
3人は、もうすぐ40歳だ。
くまの着ぐるみの女は、明日誕生日を迎える。
うさぎの着ぐるみの女は、早生まれだ。
カバの着ぐるみの女は、サバを読んでいる。
3人は、ひたすら文句を言い続けている。
3人は、思いつくことすべてに文句が言える性分だ。
そんな時、空から杖が落ちてくる。
その杖は、文句をエネルギーにできるらしい。

今日も今日とて必死に生きる、
悩み多き女たちと不思議な杖の、
出会いと再生の物語。

脚本・演出・出演者

▼脚本・演出

  • 鹿目由紀

▼出演者

  • 大屋愉快
  • 近藤絵理
  • 真崎鈴子
  • 平林ももこ・山口眞梨(ダブルキャスト)

日替わりキャスト

<豊川公演>

  • 8/3(土)15:00 松井真人・カズ祥・川本麻里那

<名古屋公演>

  • 8/22(木)19:30 松井真人・木下佑一郎・みちこ
  • 8/23(金)14:00 正手道隆・カズ祥・川本麻里那
  • 8/23(金)19:30 正手道隆・カズ祥・川本麻里那
  • 8/24(土)14:00 松井真人・登澤良平・松野有加里
  • 8/24(土)19:00 篠原タイヨヲ・近藤彰吾・川本麻里那
  • 8/25(日)11:00 花村広大・山中崇敬・平田惇也
  • 8/25(日)15:00 松井真人・正手道隆・カズ祥

公演スケジュール

<豊川公演>

2019年8月3日(土)

<名古屋公演>

2019年8月22日(木)~25日(日)

劇場

<豊川公演>

劇場:ハートフルホール(御津文化会館)
住所:愛知県豊川市御津町広石日暮146番地

<名古屋公演>

劇場:スタジオ・座・ウィークエンド
住所:名古屋市千種区春岡1-3-5 大崎ビル2F

観劇レポート

1分に一度笑って、10分に一度大笑いする作品

3人のアラフォー女性が集まって、ありとあらゆることに対して文句を言い続ける作品。ただ、それが爽快すぎて面白い。

僕自身、人の文句や悪口を聞いていると、口にしている人に対して腹立たしい気分になってくるのですが、この舞台で言われいる文句は、実に面白かったです。

文句の切れ味、仕草、なにより衣装によって、文句を文句と思わせないような雰囲気が出されています。

「ぽんかん劇場」という、ちょっと濃いめの舞台の意味が、よく分かりました。いつものように、社会問題やデリケートな感情にも触れつつ、それを笑いに変えてしまうところに、「濃いめ」という意味を感じました。

そして本作品は、ダブルキャストでありながら日替わりキャストでもあるので、文字通り毎回違った舞台を味わえることが魅力。

僕は、山口眞梨さん、正手道隆さん、カズ祥さん、川本麻里那さんの回へ足を運んだのですが、それぞれのキャラクターがまた濃過ぎて笑えました。別のキャストの組み合わせだと、全く違う笑いになることが容易に想像できるので、また観劇したい気持ちでいっぱいです。

Twitterでの感想・反応

劇団あおきりみかんの他の公演情報

▶︎▶︎▶︎おうちで演劇みるなら「観劇三昧」で!

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。