【感想】塩田千春展(ケンジタキギャラリー(名古屋・栄))の鑑賞レポート

鑑賞レポート「塩田千春展」ケンジタキギャラリー(名古屋)

名古屋・栄にあるケンジタキギャラリーにて開催されている「塩田千春展」へ行ってきたので紹介します。

本展示会は、東京・六本木にある森美術館にて開催中の「塩田千春展:魂がふるえる」と連動している展示会です。

森美術館で開催されている内容と非常に似ていて、「糸」を使って表現された作品が多く展示されています。

一体、何を訴えようとしているのだろう?

と、自然と想像力が働きます。僕は、赤い糸からは血液、黒い糸からは力強さのようなものを感じ取りました。

では詳しく、ケンジタキギャラリーにて開催されている「塩田千春展」についてお伝えしますね。

「塩田千春展」概要

展示会紹介

ケンジタキギャラリーでは、森美術館での回顧展や瀬戸内国際芸術祭2019での建築家の田根剛との新作プランの公開など、精力的な活動を展開している塩田千春の個展を開催する。

参照:塩田千春展 @ ケンジタキギャラリー / 名古屋 – ART iT アートイット:日英バイリンガルの現代アート情報ポータルサイト

作家「塩田千春」略歴

塩田千春(1972年大阪府生まれ)は、生と死という人間の根源的な問いに向き合いながら、ベルリンを拠点に活動を続ける。国内外のさまざまな美術館で、ドレスや靴、旅行鞄など人の痕跡や記憶を内包する素材を用いた作品、展示空間に無数の糸を張り巡らせた大規模なインスタレーションを発表、近年は舞台美術も手がけている。

参照:塩田千春展 @ ケンジタキギャラリー / 名古屋 – ART iT アートイット:日英バイリンガルの現代アート情報ポータルサイト

会場:ケンジタキギャラリー

  • ケンジタキギャラリー
  • 名古屋市中区栄3丁目20−25
  • ホームページ

展示会スケジュール

2019年8月24日(土)-10月12日(土)

鑑賞レポート

ケンジタキギャラリーに入ってすぐにあるのは、この作品。黒い船でしょうか。

一体どこへ向かっているのだろう?

2隻とも同じ方向を向いているので、向こうの方には何かあるのでしょうか。

足と赤いもの。僕にはここに、女性が立ちすくんでいるのではないかなと思えました。

足のサイズからなのか、この場の雰囲気からなのか分かりませんが、こちらをじっと見られているような感覚になりました。

しかし、見る方向を変えると、どこかへ向かっているような感じもあります。この部屋を出ようとしているのかもしれませんね。

白い糸の中で、アルコールが入っていたであろうびんが浮いているように見えました。

どうやって浮いているように見せているのだろう?

と、糸の絡み方を観察してしまいます。

展示スペースの中に、靴を見つけることができました。これはもしかして、先ほどの足の主が履いていたものなのでしょうか。この靴を取りに来ようと、部屋から出ようとしていたのかもしれませんね。

まとめ

ケンジタキギャラリーでの「塩田千春展」は、こじんまりとした空間ながら、森美術館での「塩田千春展:魂がふるえる」を彷彿とさせるものがあります。

糸を使って表現される作品の数々から、

もしかして、人間の生と死を表現しているのかも・・・

というような想像まで働かせることができました。

30分ほどで鑑賞し終えることができますので、名古屋・栄まで足を運んでみてください。

また、森美術館での鑑賞レポートも用意しています。あわせて読んでいただくと、より「塩田千春展」を楽しむことができるはずです。

鑑賞レポート「塩田千春展:魂がふるえる」(森美術館)

▼こちらの記事では、美術館での「鑑賞マナー」を紹介していますので、合わせて読んでいただけると嬉しいです。

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。