【感想】木梨憲武展 Timing-瞬間の光り-(松坂屋美術館)の鑑賞レポート

「 木梨憲武展 Timing-瞬間の光り-」(松坂屋美術館)

松坂屋美術館で開催されている「木梨憲武展 Timing-瞬間の光り-」を鑑賞してきたので紹介します。

木梨憲武さんは、皆さんご存知「とんねるず」の、あの木梨憲武さんのことです。実は、芸術家としても活躍していることを知っていましたか?

僕は、2014年の横浜トリエンナーレで、初めて芸術活動を行なっていることを知りました。以来、各所で、木梨憲武さんの作品を目にする機会があり、木梨憲武ワールドが好きになってきました。

作品の特徴としては、

観ている人が、元気になる作品

が多いです。

カラフルな色使いや不思議な作品など、面白い作品がいっぱいです。

では早速、「木梨憲武展 Timing-瞬間の光り-」についてお伝えしますね。

「木梨憲武展」概要

ビラ・チラシ

展示会紹介

2014年から2016年にかけて全国8会場を巡回し大きな話題を呼んだ「木梨憲武展×20years」から2年。アーティストとして高い評価を受けた木梨憲武は、2018年6月、自らも得意とするストリートカルチャーの発信地、イギリス・ロンドンでの個展開催を実現するなど、ますます活躍の場を広げています。
本展では、ロンドンで披露した新作を中心に、絵画、ドローイング、映像、オブジェなど、表現方法に縛られない作品の数々を展示します。
さらに自由に、さらに洗練された作品をぜひご覧ください。

木梨憲武展 公式ホームページ | 見どころやチケット情報など 2018年より全国巡回展を開催

会場:松坂屋美術館

  • 住所:名古屋市中区栄3-16-1 松坂屋名古屋店南館7階
  • 電話:052-251-1111
  • アクセス:地下鉄名城線矢場町駅 地下通路直結(5・6番出口) 、地下鉄栄駅 16番出口より南へ徒歩5分

スケジュール・開館時間

  • 2019年9月13日(金)~10月20日(日)
  • 午前10時~午後7時30分(入館は午後7時まで)

会場一覧

鑑賞レポート

観ている人が、元気になる作品が目白押し

会場に入って一番最初に目にするこの「木」は、展示会が行われるごとに、色を書き足しているのだそう。最初は、花束くらいのサイズだったのが、今では立派な木にまで成長してきました。現物を見ると、きっと圧倒されてしまいますよ。

木梨憲武さんは、「花」をモチーフにした作品をたくさん描かれています。ただ、普通の花ではありません。色がカラフルであったり、観たことがないようなカタチだったりと、「これは何の花だろう?」と考えさせられるものばかりです。

「家」をテーマにした作品たちも、観ていて想像力が働きます。木片に色をつけて陳列したこちらの作品は、まるで「眠らない街、東京」というタイトルなのかな?と想像してしまいました。

丸いキャンパスに、たくさんの「手」が描かれている作品も印象的です。たくさんの展示会を観てきましたが、丸いキャンパスとは、初めて出会いました。そしてまた、この手は、「たくさんの人が手を取り合ってくれたらいいな」というような想いが込められているような気がして、観ていて暖かい気持ちになりました。

妖精(フェアリー)をイメージした作品は、「妖精を見たことがある」という奥さんやお子さんの話からイメージして作ったそう。本当に存在していてもおかしくなさそうな、たくさんの妖精たちと出会うことができます。

木梨憲武さんが描く人物からは、とっても大きな愛が伝わってきました。曲線の書き方が独特だからでしょうか。それとも、描かれているシーンが、愛を感じるものだからでしょうか。観ていて、ホッコリした気分になってきました。

Twitterでの感想・反応

まとめ

木梨憲武展は、観ていて元気になってくる展示会でした。

カラフルな色使いや不思議な作品、あとは、面白いナレーションの効果もあって、一人でニヤニヤしながら鑑賞していました。

会場には、子どもたちもたくさんいたのですが、「なにこれ???」と興味津々になっているのが印象的。

ホッコリした気持ちになれる作品と出会うことかできるので、ぜひ足を運んでみてください。

▼こちらの記事では、美術館での「鑑賞マナー」を紹介していますので、合わせて読んでいただけると嬉しいです。

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。