【感想】日本のアニメーション美術の創造者「山本二三展」(田原市博物館)の鑑賞レポート

【感想】「山本二三展」の鑑賞レポート

愛知県にある田原市博物館で開催されている日本のアニメーション美術の創造者「山本二三にぞう展」の鑑賞レポートを紹介します。

山本二三さんは、火垂るの墓やもののけ姫、時をかける少女など、超有名なアニメーションの背景画などを手がけた方です。

本展示会では、約230点もの作品と出会うことができます。

僕は、もののけ姫と時をかける少女がとてつもなく好きなので、展示作品を観ながら、アニメーションのシーンを思い出していました。

テレビで見ても美しいと感じていた背景画ですが、生で見ると、その世界に入り込んでしまったような感覚を覚えてしまいました。

特に、光と影の使い方と、薄い霧がかかった風景に、大きく感動しました。

では、もっと詳しく「山本二三展」についてお伝えしますね。

鑑賞レポート:もののけ姫、時をかける少女が好きなら、絶対に感動する展示会

山本二三さんは、誰もが知っている作品の背景画やイメージボードを手がけられた方です。

僕が特に好きなのは、もののけ姫と時をかける少女。

もののけ姫の、「シシ神の森」は、自分が本当に、シシ神の森の中にいるような感覚になるほどでした。

生きているかのような木々や薄っすらと霧がかった雰囲気。

どこかに、シシ神が描かれているのではないかと探してしまいました。

時をかける少女の作品も、物語が始まった「踏切」や、不思議な出来事が起こった「理科実験室」などの有名シーンの背景が展示されています。

テレビや映画館で見るのと比べ物にならないくらい、描かれているシーンの美しさがダイレクトに伝わってきます。

他にも、本展示会では、ルパン三世や天空の城ラピュタ、火垂るの墓などの作品が展示されています。

また、アニメーション作品だけではなく、東日本大震災の奇跡の一本松やグラバー邸を始めとした長崎三景など、数多くの作品を楽しむことができます。

「山本二三展」概要

展示会紹介

本展覧会では、山本二三が手がけた、アニメーションの背景画・イメージボード等を。約230点展示します。入念な取材と構想、精密な描写によって表現された背景画の世界を鑑賞できます。

参照:山本二三展ol2

「山本二三」略歴

山本二三は「未来少年コナン」(1978年)「天空の城ラピュタ」(1986年)「火垂るの墓」(1988年)「もののけ姫」(1997年)「時をかける少女」(2006年)など数々の名作アニメーションで美術監督をつとめて高い評価をうけ、現在もなお精力的に活動を続けています。

参照:山本二三展ol2

会場:田原市博物館

住所:愛知県田原市古田町岡ノ越6番地4
電話:0531-33-1127
休館日:月曜日
開演時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

会期

2019年9月21日(土)から11月17日まで

展示作品リスト

Twitterでの感想・反応

まとめ

「山本二三展」は、田原市という交通の便がよくないところにあるのですが、わざわざ足を運んで正解でした。

もののけ姫や時をかける少女など超有名アニメーションの、最高のシーンが描かれているのを生で見ることができるので、ものすんごく感動するとができますよ。

展示作品リストを見て、知っている作品があれば、ぜひ足を運んでみてください。

▼こちらの記事では、美術館での「鑑賞マナー」を紹介していますので、合わせて読んでいただけると嬉しいです。

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。