2019年下半期に観劇した全10本の舞台のレポートまとめ

舞台

2019年下半期に観劇した全10本の舞台レポートを紹介します。

行きたい舞台がたくさんあったのですが、いろんな事情で行けないことが多くて、悔しい思いを何度もしました。

そんな中、厳選して観劇した10本は、どれも素晴らしいものばかり。

1本1本、どんな作品だったのかを、語ることができます。

詳細は、それぞれの舞台の個別記事にお任せしますが、簡単に振り返って紹介していきますね。

刈馬演劇設計社「神様から遠く離れて」

刈馬演劇設計社は、初めての観劇でしたが、めちゃくちゃ刺激が強かったです。

宗教のような教えを取り扱った、かなりセンシティブな内容。

そのため、一度の観劇で、内容を理解することは難しかったです。

多分僕は、本作品の3割くらいしか理解できていなかったでしょう。

きっと、もう一度観劇したら、また違う発見があったはずです。

観劇レポート 刈馬演劇設計社「神様から遠く離れて」

中村雅俊45thアニバーサリー公演「勝小吉伝~ああ わが人生 最良の今日~」

俳優の中村雅俊さんの45周年公園を、東京の明治座まで観劇しに行きました。

お目当ては、大の推しである劇団あおきりみかん所属 川本麻里那さん(@marina_0216)が出演しているから。

いつも小劇場ばかり行っていた僕は、この舞台のスケールの大きさに度肝を抜かれました。

登場シーンや舞台の切り替え、出演者の人数など、どれもが圧倒的でした。

そしてまた、ストーリーは、親子関係を取り扱ったものだったので、感動して泣いてしまったことを覚えています。

観劇レポート「中村雅俊45thアニバーサリー公演 勝小吉伝~ああ わが人生 最良の今日~」(明治座)

劇団あおきりみかん「三人寄れば、文句の杖」

劇団あおきりみかんは、一番大好きな劇団です。

「三人寄れば、文句の杖」は、ぽんかん劇場といって、いつもとちょっと違う雰囲気の舞台。

女性団員さんたちが主役で、めちゃくちゃ笑いまくりまったのを覚えています。

観劇レポート 劇団あおきりみかん「三人寄れば、文句の杖」

試験管ベビー「サプライズ、いりません。」

試験管ベビーのことは、前から知っていたのですが、ようやく観劇することができました。

「サプライズ、いりません。」は、センスのないサプライズをしようとする男性陣と、実際にサプライズをされてしまった女性の物語。

テンポのいい会話劇に加え、いちいち面白いオチがあるので、ものすごく面白かったです。

そしてまた、観客参加型だったことも、とっても新鮮で楽しめました。

観劇レポート 試験管ベビー「サプライズ、いりません。」

「ジェニィ〜白猫ピーターの不思議な冒険」

「ジェニィ〜白猫ピーターの不思議な冒険」は、人形劇です。

人生で初めての人形劇でしたが、まるで人形の猫が、生きているかのような動きに感動しました。

猫の仕草やクセなどを見て、猫の気持ちがすごく伝わってきました。

観劇レポート「ジェニィ〜白猫ピーターの不思議な冒険」(人形劇)

オイスターズ「みんなの力」

ほとんどの会話が「しりとり」になっている舞台でした。

だんだん厳しくなっていくしりとりのルールに対応するため、意味不明な日本語が飛び出したり、言葉をひねり出そうとして困っている役者さんの姿に、めちゃくちゃ笑いました。

【感想】オイスターズ「みんなの力」の観劇レポート

空宙空地「その鱗 夜にこぼれて」

登場人物がとっても多いことが印象的だった舞台です。

役者さんも、一人5役をやっていたりして、とっても大変だっただろうなと思いました。

物語は、ちょっと訳ありの家族の話で、内容を理解することが難しかったです。

できれば、もう一度観たかった。

【感想】空宙空地「その鱗 夜にこぼれて」の観劇レポート

てんぷくプロ「ネヴァダの月」

てんぷくプロも、大好きな劇団の1つです。

さらに、演出がオレンヂスタのニノキノコスターさんだったので、公演が決まった瞬間に、予約して、ものすごく楽しみにしていました。

そして、とっても大きな期待を抱いて観劇したのですが、最高に楽しむことができました。

西部開拓時代の人間関係が描かれた本舞台に、ガッチリと心を掴まれて、たくさん感情が動いたのを覚えています。

【感想|ネタバレあり】てんぷくプロ「ネヴァダの月」の観劇レポート

名古屋の演劇人が贈る名作劇場「煙が目にしみる」

「煙が目にしみる」も、川本麻里那さん(@marina_0216)が出演している舞台ということで、観劇に行きました。

観劇する前からなんとなく予想していたことでしたが、しっとりと温かい涙が溢れてくる舞台でした。

夫婦愛、家族愛、恋人愛など、とっても多くの愛を感じることができたからです。

【感想|ネタバレあり】名古屋の演劇人が贈る名作劇場「煙が目にしみる」(名古屋市東文化小劇場)の観劇レポート

山口企画「ぽじ」

劇団あおきりみかん所属の山口眞梨さんが主催の舞台。

ほんの1mほど前で繰り広げられる、女性二人のバチバチとした戦いが、ものすごく恐ろしく感じました。

まるで、昼ドラを観ているような、とても激しいやりとりに、僕は終始ビビりまくっていました。

【感想|ネタバレあり】山口企画 「ぽじ」(K・Dハポン)の観劇レポート | ぞの.jp

2019年下半期の観劇まとめ

上半期に引き続き、下半期も、素晴らしい舞台を観ることができて、かなり満足です。

どれが一番とか、順位を付けることはできませんが、本当にどの舞台も良かったものばかり。

来年もこの勢いで、たくさん観劇したいところです。

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。