【解説】有資格者が語る「Points of You」の面白さとは?

Points of You

カードを使ったコーチング「Points of Youぽいんつおぶゆー」の面白さについて紹介します。

2016年9月にPoints of Youと出会って以来、1on1個人コーチングやワークショップ、飲み会など、さまざまな場面でPoints of Youを活用してきました。

なぜそんなに活用してきたのかというと、「面白いから」に他なりません。

Points of Youには、無限の可能性が眠っているので、それを引き出していくことがワクワクするのです。

ただ、こんなことを言っても、これからPoints of Youを使ってみようと思う人にとっては、ピンっと来ませんよね。

そこでこの記事では、僕が思う「面白さ」について言語化してお伝えしていきます。

Points of Youで遊んでみたいと思う人が増えてくれるように、言葉をひねり出しますので、続きを読んでいただけると嬉しいです。

▼Points of Youとは何かを具体的に知りたい方は、先に記事をどうぞ。

【認定コーチが徹底解説】Points of Youってなに?

Points of Youの面白さを語る

ユニークなカードが面白い

Points of Youの面白さの象徴は、ユニークなカードです。

写真、人の顔、言葉、質問など、いろんなカードを使って楽しみます。

「どうやって撮られたんだろう?」とか「どこで撮ったんだろう?」と、カードを見ただけで思考が働きます。

そんなことを考えていると、目に見えてない情景が浮かんできたりするのが面白いポイントです。

【解説】Points of Youの4種類のカードについて

遊び感覚で楽しめることが面白い

Points of Youは、肩肘張らずに楽しめるツールです。

コーチングのためのカードではありますが、気負った状態で使う必要はありません。

小さな子どもがオモチャで遊ぶように、自由な発想で使うことができます。

人と一緒に楽しめることが面白い

Points of Youのカードの面白さは、同じカードを見ていても、自分と人とでは、見え方が違うところにあります。

例えば、人の顔のカードを見て、ある人は楽しそうと言い、ある人は悲しそうと言うことは、日常茶飯事です。

こうした見え方の「違い」を、人と一緒に楽しめるところも好きなところです。

いろんな使い方ができることが面白い

カードセットには、「レイアウトチャート」という使い方のテンプレートのようなものが同封されています。

だからといって、必ずレイアウトチャートを使う必要はありません。

カードを一枚だけ取り出して、眺めてみるだけという使い方もできます。

人が持っているカードと交換してみるという使い方もできます。

オリジナルのレイアウトチャートだって作れます。

このように、カードさえあれば、いろんな使い方をすることができます。

不思議なことが起こることが面白い

Points of Youを使っていると、不思議なことがよく起こります。

むかしむかしの記憶が蘇ってきたり、見たことがないはずの景色が鮮明に浮かんだり。

他にも、暖かい気持ちになることができたり、悩みを解決するためのアイデアが浮かんだり。

なぜか分かりませんが、カードを使っていると、今まで経験したことがないようなことが起こることがあるのです。

不思議としか言いようがないですが、なんども不思議体験を味わえるので、Points of Youのとりこになってしまいました。

【Points of Youコーチングの体験談】クライアントからの生の声

Points of Youは面白いコーチング

Points of Youは、本当に面白いツールです。

面白がって遊びのように使っていると、自然とコーチングができてしまうということが、一番の面白いところかもしれません。

いつでも、どこでも、誰とでもコーチングを楽しめてしまうPoints of Youは、本当に素晴らしいと思っています。

きっとあなたも気に入ってくれるはずなので、Points of Youを体験してみてください。

もしよろしければ、僕の提供しているPoints of Youコーチングも候補に入れてくださいね。

▼Points of Youとは何かを具体的に知りたい方は、この記事をどうぞ。

【認定コーチが徹底解説】Points of Youってなに?

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。