【要約まとめ】嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか(鈴木 忠平氏)〜落合は、すべてをフラットな目線で見続けていた〜

【要約まとめ】嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか(鈴木 忠平氏)〜落合は、すべてをフラットな目線で見続けていた〜

名古屋生まれ名古屋育ちで中日ドラゴンズを応援している”ぞの(@z02n05)”です。

僕の家は、幼い頃からテレビは野球中継ばかりでしたし、自分自身も、高校まで野球をやっていました。

そのため、野球が今でも好きなのは、必然といえます。

中でも、一番好きだったのは、落合監督だった頃の中日ドラゴンズです。

相手よりも1点だけでも多く点をとって、最後までリードを守り抜くという野球が好きでした。

よく「落合野球はつまらない」と言われがちですが、僕は、めちゃくちゃ楽しく見てました。

そんな中、本書「嫌われた監督」が出版されたとのことなので、読まずにはいられません。

中日ドラゴンズが強かった時代、つまり、自分がいちばん野球観戦が好きだった時代、どうして強かったのか知りたかったのです。

ただ、その答えは本書に書かれていません。

しかし、そう簡単に答えを教えてもらえないところが、落合博満らしさでもあります。

この記事では、僕なりの考察を交えながら、要約まとめを紹介していきます。

野球ファンだけでなく、生き方に迷っている人は、すごく楽しんで読むことができる本ですよ。

落合は”勝ち”に拘り続けた

本書の中で印象的だったことは、落合監督は、勝つことにこだわり続けていたということ。

プロ野球の監督なのだから、勝ちにこだわるのは当たり前です。

けど、その意識の高さが、群を抜いています。

特に、勝ちへのこだわりを感じたのは、ところどころ見受けられた「契約」「個人事業主」という言葉から。

まるで、「勝たなければ、明日はない」という、背水の陣の状態が、ずっと続いているかのようでした。

実際に、プロ野球の世界は、実力がすべて。

今年がよくても、翌年がダメなら、「クビ」の二文字がチラつきます。

落合監督は、そんなプロ意識を、誰よりも純度高く感じ続けていたのではないかと思えました。

ゆえに、勝つことに対して、異常なまでにこだわり続けたのではないでしょうか。

落合はフラットな目線で見続けた

「同じ場所から選手を見続けてみろ」

落合監督が、筆者に言った言葉です。

監督という職業は、試合中、ずっと同じ場所から試合を見続けています。

なので、選手の変化に気が付きやすい。

いや、もしかしたら、落合監督だから、変化に気がつけたのかもしれません。

  • ミスタードラゴンズである立浪選手のレギュラー剥奪
  • 伝説の二遊間である井端選手と荒木選手のコンバート

他にも、どうしてそんなことに気がつけるのかと、周囲が驚くようなことを見つけるのが落合監督のすごいところ。

その理由が、「同じ場所から選手を見続けてみろ」という言葉に詰まっていると感じました。

これを僕なりに解釈すると、「フラットな目線」がピッタリな言葉だと思います。

選手たちを色眼鏡をつけてみるのではなく、まるで、打力や守備力が数値で見えているかのように、フラットな目線で見ること。

そうすることで、勝利の確率を上げていっただと思います。

まとめ

落合監督は、僕の人生の中で、もっとも好きな監督でした。

「勝つことでファンを喜ばせる野球」と、皮肉を込めて言われることが多いですが、僕は、喜んでいたファンの1人でした。

テレビを通しても感じる緊張感が、とても心地良く感じていましたことを思い出すことができました。

本書からは、落合博満が何者なのかは、全くわかりません。

けど、随所に、ヒントはあります。

そしてそのヒントたちは、僕たちの人生に通じるものがあります。

野球好きだけでなく、人生に迷いのある人は、すごく楽しんで読むことができるはずですよ。

▼本書から連想されるたのは、「大切なことだけやりなさい」に書いてあることそのもの。

野球においても人生においても、大切なことはシンプルです。

▼僕にとって本書は、人生の原理原則を書かれた「7つの習慣」と同じような位置付けです。

落合監督の言葉は、どれも本質的で、深い意図があるように思えます。

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。