【要約まとめ】学びを結果に変えるアウトプット大全 by樺沢紫苑さん〜人生を変える唯一の方法〜

【要約まとめ】学びを結果に変えるアウトプット大全 by樺沢紫苑さん〜人生を変える唯一の方法〜

精神科医 樺沢紫苑かばさわしおんさん著「学びを結果に変えるアウトプット大全」(以下、アウトプット大全)の要約をお伝えします。

本書「アウトプット大全」は、人生を変えたいと願っている人にオススメです。樺沢先生は、このように言っています。

人生を変えるのは、アウトプットだけ

僕の経験から言っても、アウトプットが人生を変えるほどの力を持ち合わせていることに同意します。

自分の考えていることをSNSやブログへアウトプットすることで、人生がめちゃくちゃ楽しいものへと変化しました。友人がすごい勢いで増えていったり、Points of Youのセッションの申し込みが殺到したりと、アウトプットのおかげで人生の質が変わってきました。

なので、人生を変えたいと願っている人には、アウトプット大全を読んで、アウトプットの効果やその方法について知っていただきたいです。

それでは早速、「アウトプット大全」をご紹介しますね。

アウトプットが人生を変える

アウトプットをすることが人生を好転させてくれることは、すでに承知のことかと思います。ただ、人生を変えると言われると、やや言いすぎな気がしませんか?

しかし、樺沢先生は、このように言い切っています。

人生を変えるのは、アウトプットだけ

僕自身の経験を持っても、このことには激しく同意します。アウトプットを始めたのは24歳の時ですが、それまでは、ひたすらインプットばかりしている人生でした。本を読んだり、ネットサーフィンをしたりしていましたが、まったく人生に変化はありませんでした。

それが、24歳の時からSNSへ書き込みを始めたり、ブログを更新するようになってから、今までとは明らかに人生が変わってきたのです。例えば、友人がすごい勢いで増えていったり、Points of Youのセッションの申し込みが殺到したりしました。だから僕は、アウトプットには、人生を変える力があると信じてなりません。

3種類のアウトプットの効果

アウトプットと一口に言っても、そのやり方は、全部で3種類あります。

  • 話す
  • 書く
  • 行動する

ここからは、それぞれのアウトプットの効果について紹介しますね。

話すアウトプット

話すアウトプットとは、読んだことや聞いたこと、自分が体験したことを第三者に言葉で話してみるアウトプットです。昨日食べたご飯のことや、気が付いたことなどに、自分の意見を盛り込んで話すだけで、立派なアウトプットとなります。

樺沢先生は、話すアウトプットの効果について、こう言っています。

ただ「感想を話す」だけで、脳は活性化し、記憶の増強、定着にも大きく貢献するのです。

ただ注意点としては、悪口やネガティブな発言は少なめにすること。ストレスホルモンが分泌されて認知症になりやすくなったり、そもそも人間関係の悪化の原因となります。

なので、ポジティブな自分の意見を、ちょくちょく話すことで、人の好感度は高くなる傾向があるそうです。ちなみにこのように、ちょくちょく話すというのは、心理学の法則「ザイオンス効果」と言われ、好感度を上げやすくなる方法なのだそう。

書くアウトプット

書くアウトプットというのは、話すアウトプットに比べて、圧倒的に記憶に残りやすいのだそう。なかでも、タイピングではなく手書きの方が、記憶への定着率は上がるそうです。

書くアウトプットが有効な理由を難しい言葉で言うと、脳幹網様体賦活系もうかんもうようたいふかつけい(RAS、 Reticular Sctiveing System)が刺激され、書いている対象に注意を向けるべきだと指令を出すのだそう。そして、脳全体が活性化していくのです。

確かに僕の経験からいっても、20回読んだ本よりも、1回マインドマップに書いた方が、記憶に内容が残っています。なので、マーカーを引いたり、メモ書きをしたりと、手を動かして書くアウトプットをすることが効果的と言われている所以なのでしょう。

行動するアウトプット

行動する効果は、説明するまでもありませんよね。行動すれば、確実に人生が変わってきます。樺沢先生の言葉で、好きな言葉があるので引用しますね。

昨日までの行動と、今日の行動に変化がある。これが自己成長です。

ただ行動すれば良いというものではなく、いつもと違うことにチャレンジすることが、本当の意味での行動なのだと気付かさせてくれる言葉です。

ただ難しいのは、「続ける」ことですよね。三日坊主という言葉があるくらいなので、継続することは人類にとっての課題だと思います。

そこで、樺沢先生流の、続けるための「5つの極意」が紹介されているので、参考にしてみてください。

  1. 「今日やる」ことだけを考える
  2. 楽しみながら実行する
  3. 目標を細分化する
  4. 結果を記録する
  5. 結果が出たらご褒美をあげる

アウトプットのトレーニングを始めてみよう

アウトプットには、人生を変える力があります。そのため、人生を変えたいと願っている人は、とにかくアウトプットしまくるのがオススメです。

しかし、明日からいきなりアウトプットを始めようと思っても、ハードルが高いと思われるかもしれません。

そんなあなたのような人のために、樺沢先生は、トレーニング方法を7つ提案してくれています。

  1. 日記を書く
  2. 健康について記録する
  3. 読書感想を書く
  4. 情報発信をする
  5. SNSに書く
  6. ブログを書く
  7. 趣味について書く

これらはすべて自分一人で行うことができますし、「SNSに書く」などは3分以内に実行できるかと思います。

人生を変えるために、アウトプットのトレーニングにチャレンジしてみましょう。

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。