【要約まとめ】運のいい人の法則 byリチャード・ワイズマン博士〜運を鍛える4つの方法をご紹介〜

「運のいい人の法則 byリチャード・ワイズマン博士」

イギリスの心理学者 リチャード・ワイズマン(Richard Wiseman)博士著「運のいい人の法則」(原書:The Luck Factor)の要約をご紹介します。

本書は、運を鍛えたい人にオススメです。おそらくあなたは、「自分は運がいい人間だ」もしくは「自分は運が悪い人間だ」と思っていることでしょう。しかし、運というものは、誰に取っても平等に与えられるものなので、運がいい人間だからといって宝くじに当たりやすくなるなんてことはありません。

では一体、運がいい人間と運が悪い人の違いはどこにあるのでしょうか。その答えは、自分への期待や自信の大きさにあります。この違いは、宝くじへの当選確率に影響は及ぼしません。しかし、人生においては、期待や自信を持って行動していると、結果に大きく影響が出てくるのです。

これを聞くときっと、自信を持って「自分は運がいい人間だ」と言えるようになりたいと思うようになりましたよね。実は、運がいい人になるための方法は、本書に記されています。心理学の観点から導き出した実験や調査、研究によって、運を鍛えるためには四つの法則があることがわかったのです。

では早速、リチャード・ワイズマン博士著「運のいい人の法則」についてお伝えしますね。

「運のいい人の法則」の概要・目次

誰もが憧れる「運がいい人」になるための方法が、本書には記されています。ただ、「運がいい」といっても、よく宝くじに当たるようになるわけではありません。運がいいことが起こるチャンスを増やせられるようになるのです。

運がいい人というのは、生まれ持って運がいいというわけでもありません。特別に学力が優れているとか知能指数が高いというわけではありません。考え方や行動に、運がいい人と運が悪い人の違いが潜んでいるのです。

そして、考え方や行動は、鍛えることが可能です。リチャード・ワイズマン博士は、四つの法則を見出してくれました。なので運が良くなるように鍛えたい人は、本書をチェックしてみてくださいね。

<運のいい人の法則 目次>

〜PART1 あなたは運のいい人?〜
第1章 運のパワー
第2章 ラッキーな人生、アンラッキーな人生
〜PART2 運を鍛える四つの法則〜
第3章 チャンスを最大限に広げる
第4章 虫の知らせを聞き逃さない
第5章 幸運を期待する
第6章 不運を幸運に変える
〜PART3 幸運な人生をつかむために〜
第7章 幸運のレッスン
第8章 幸運のワークショップ
第9章 より幸せな人生をめざして

運を鍛える4つの法則

チャンスを最大限に広げる

運がいい人は、「運のネットワーク」を築き、それを広げているといいます。あらゆるコミュニティに属したり、パーティーへ参加したりして、人脈を広げているのだそう。いわゆる「外向型」と呼ばれる人が、運がいい人の特徴なのです。

なぜ外向型の人が運がいいのかというと、たくさんの人に会うことによって、チャンスと巡り合う可能性を高めているからです。素晴らしい出来事だったり、知識や経験を獲得することができます。それによって、チャンスが広がり、運が良くなるのです。運を鍛えるための一歩として、友人を増やしていくことができそうですね。

虫の知らせを聞き逃さない

運がいい人は、直感や本能に耳を傾けるとも言われています。例えば、キャリアを選択する際に、運がいい人の約90%が直感に頼ると答えたのに対し、運が悪い人は60%しか直感を頼ろうとしない研究結果が示されています。

では一体、どうやったら直感や本能に耳を傾けられるようになるのでしょうか。そのヒントになるのが、運がいい人が実践している習慣です。なんと運がいい人は運が悪い人よりも、瞑想や頭を空っぽにするといったリラックスする時間をよくとっているのだそうです。運を良くしたかったら、自分がリラックスしている時間を取れているかをチェックしてみてくださいね。

幸運を期待する

運がいい人というのは、夢や目標をより多く叶えている人たちです。一方、運が悪い人たちは、ことごとく願望を叶えるのに失敗していることでしょう。その違いは、運がいい人は、「きっと願望が叶うであろう」と期待を抱き続けていることです。

運がいい人は、たとえ叶う可能性が低くても、願望が叶うと信じています。だから、その夢や目標に向かって、努力しますし失敗しても諦めることをしません。そのため運が悪いと思っている人は、「私は運がいい」と声を出して唱えることを習慣にすると、何かが変わってくることでしょう。

不運を幸運に変える

運がいい人は、一見、不運なことが起こっても、その不運から幸運を見つけることができます。例えば、生死に関わる事故に巻き込まれてけがをしてしまった時、運がいい人は「生きててラッキー」と感じ、運が悪い人は「事故に巻き込まれて最悪だ」と感じます。

そしてまた、運がいい人というのは、この起こった事故に対して不運だと思うことすら少ないそうです。むしろ、「長期的に見ていい経験だった」というように、ポジティブに捉える傾向があるのだそう。なので、運が悪い人は、不運だと感じても、その中にある幸運を探すことから始めてみることがオススメされています。

幸運な人生を歩もう

幸運というのは、生まれ持っての資質ではありません。今までの人生で「運が悪い人間だ」と思っていたとしても、運を鍛えることによって、「運がいい人間だ」と思えるようになります。自分のことが運がいいと思えるようになったら、宝くじへの当選確率は上がりませんが、期待や自信に満ち溢れ、行動に対する結果が変わってくるはずです。

本書には、紹介した運を鍛える方法が四つ記されいます。他にも、幸運をつかむためのチェック項目ですとか、1ヶ月間かけて行うワークショップが用意されています。これらを実験することで、きっとあなたも「運がいい人間だ」と言えるようになるはずです。

今よりももっと、運を良くしたいと願う人は、ぜひ本書をチェックしてみてくださいね。

運をよくしたい人にオススメの記事

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。