【要約まとめ】らせんの法則で人生を成功に導く春夏秋冬理論 by來夢先生〜季節ごとの特徴・過ごし方を学んで運を味方につけよう

らせんの法則で人生を成功に導く春夏秋冬理論 by來夢先生

アストロロジャー&スピリチュアリスト 來夢らいむ先生著「らせんの法則で人生を成功に導く春夏秋冬理論」の要約を紹介します。

本書は、「春夏秋冬理論」を人生に取り入れて、運を味方につけたい人にオススメです。運というのは、一見すると偶然やたまたまなように思われがちですが、実は、規則性があることが分かりました。経営コンサルタント 神田昌典さんが、成功者の成長パターンと春夏秋冬理論を重ね合わせて調べた時、ピッタリとサイクルが一致したのです。

春夏秋冬理論とは、人生には12年で一回りするサイクルがあるという考えがベースとなっています。そして、12年が3年ごと「冬」「春」「夏」「秋」と分かれており、各季節ごとにある課題や注意点などを生活に取り入れることによって、運を味方につけることができるのです。

では早速、來夢先生著「らせんの法則で人生を成功に導く春夏秋冬理論」についてお伝えしますね。

「らせんの法則で人生を成功に導く春夏秋冬理論」の概要・目次

春夏秋冬理論の重要なポイントは、12年周期であることです。冬から始まり、春、夏、秋と3年ごとに巡ります。カギを握っている「12」という数字は、僕たちの日常に大きく関わっています。例えば、1年は12ヶ月ありますし、時計の数字も12、干支だって12です。この「12」という数字が、人生を生きるのに大きく関わっていることは間違いないでしょう。

そんな中、経営コンサルタント 神田昌典さんは、成功者に秘められている「運」に注目しました。すると、成長パターンと春夏秋冬理論の周期が、ピッタリ一致したのです。それを、共に検証したというのが、著者の来夢先生です。

各季節には、それぞれに課題や注意点があります。春夏秋冬理論を人生に取り入れることで、各季節ごとの過ごし方が分かるようになります。

それを知るためには、「生まれた季節」と「いま過ごしている季節」の2種類の季節をチェックしなければいけません。このサイトからチェックできますので、試しに覗いてみてくださいね。

自分の季節を調べてみる

<らせんの法則で人生を成功に導く春夏秋冬理論 目次>

第1章 人生には「春夏秋冬」がある!
第2章 「12」というらせんの周期のなかで、自分の物語はつくられる
第3章 「生まれた季節」から自分の情報を知る
第4章 「季節の相性」を理解して、人間関係に活かす
第5章 「春夏秋冬理論」の実践例
來夢が語る「春夏秋冬理論」Q&A

生まれた季節の特徴

冬の生まれ

冬の生まれの人は、「自己責任能力が高く、自分をコントロールできる」と言われています。

指導力とバイタリティを発揮して、人生の目的を完遂する統治者であり「ゼネラルマネージャー」です。

春の生まれ

春の生まれの人は、「知的コミュケーション能力が高く、思想的である」と言われています。

未来のために率先して破壊し、次なるプランを創造する魔術師であり「オールラウンドプレイヤー」です。

夏の生まれ

夏の生まれの人は、「実利的・実際的な能力が高く、確実で信頼性がある」と言われています。

体験に基づいた真実の知恵により、人生を確かに導く賢者であり、「プロデューサー」です。

秋の生まれ

秋の生まれの人は、反応能力が高く、インスピレーション(霊感)や気持ちを重視する」と言われています。

真実の楽しさを求める使命を果たすため、人生を旅する癒し人であり、「アーティスト」です。

春夏秋冬の過ごし方

冬の季節

冬の季節のキーワードは「解放」です。12年間の到達点であり、スタート地点でもあります。過去を振り返りながら、自分のエネルギーを蓄える季節です。秋に収穫が終わった田畑を、一度休めさせてこれからの作戦を練る季節ということができるでしょう。

春の季節

春の季節のキーワードは「感知」です。冬にためたエネルギーを、外に向けて発信していく季節です。休ませていた田畑に、タネを蒔いていくイメージです。比較的過ごしやすい季節になりますが、夏に向けた準備を怠ってはいけません。

夏の季節

夏の季節のキーワードは「反応」です。冬にためたエネルギーと春に発信したエネルギーを融合させる季節です。物事が一気に動き出し、状況や環境が変化しやすくなります。エネルギッシュになる季節ですので、チャンスも舞い込んでこれば、ピンチも訪れるかもしれません。自分の意思をしっかり持って、チャレンジしていくことが重要になります。

秋の季節

秋の季節のキーワードは「確認」です。今まで努力してきたことの成果や結果が現れる季節です。「収穫の秋」とはまさにこのことです。肉体的なエネルギーは落ちますが、頭は冴えるタイミングです。予想外のことが起こりやすくなるかもしれませんが、それらに感謝の気持ちを忘れないようにすることがポイントです。

春夏秋冬理論を活用してみよう

春夏秋冬理論を知ってから、自分の人生を振り返ってみると、意識せずとも春夏秋冬理論にピッタリであることが分かります。人生の年表を作ってみると、きっと春夏秋冬理論に合ったような出来事が起こっているはずです。

例えば僕は、Points of Youぽいんつおぶゆーというカードを使ったコーチングを提供しているのですが、セッションを始めたのが「春」の季節でした。おかげで、たくさんの芽が出たような勢いで、セッションへの申し込みをいただくことができました。なので、これから夏に向けて、もっとセッションを申し込んでいただくために、発信を頑張っていくつもりです。

このように、春夏秋冬理論を知っていれば、どんなことを行えば運を味方につけられるか分かるようになります。そのためにはまず、「生まれた季節」と「いま過ごしている季節」を確認することが必要です。このサイトからチェックできますので、試しに覗いてみてください。すると、きっと運を味方につける方法を知ることができるはずです。

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。