【レビュー】キューブタイマー「TickTime」〜メンタリストDaigoおすすめ!ポモドーロで最強の集中力が手に入れられる〜

【レビュー】ポモドーロで最強の集中力が手に入れられるキューブタイマー「TickTime」〜メンタリストDaigoおすすめガジェット〜

メンタリストDaigoさんがおすすめしていたキューブタイマーをゲットしました!

このアイテムは、集中力を高めるポモドーロテクニックを実践するのに使うもの。

「キッチンタイマーでいいじゃん」「スマホで充分じゃね?」と思って、導入を見送りまくっていたのですが、めちゃくちゃ損してました。

少しお値段が高いのですが、コスパは最強です。

キューブタイマーを使い始めてからの集中力は、今までの比ではないくらい高いです。

集中するのが苦手だったり、もっと高い集中力を手に入れたい人に、めっちゃおすすめしたいです。

では、キューブタイマーとは何かを紹介していきますので、気になる方は、チェックしてみてください。

キューブタイマー「TickTime」とは

キューブタイマーは、六角柱のかたちをしたタイマーです。

数字の面を上向きにおくと、その時間だけ、カウントダウンタイマーが起動するというもの。

この写真では、3分間のタイマーが起動している状態です。

他にも、「5分」「10分」「15分」「25分」「30分」を選ぶことができますし、99分までなら好きな時間をセットすることもできます。

セットした時間が終わったら、音が鳴って教えてくれます。

図書館など音が出せない場所では、サイレントモードにしておくことで、光によってお知らせしてくれます。

キューブタイマーの使い道は、ポモドーロテクニックのためです。

ポモドーロテクニックとは、「25分集中して5分休憩する」というサイクルを繰り返すことで、集中力を最強にするライフハックです。

このテクニックは2009年に出版されたシリロの著書「The Pomodoro Technique」や自身の公式サイト内で紹介されている。 具体的な手順は以下の通りである。

1. 達成しようとするタスクを選ぶ
2. キッチンタイマーで25分を設定する
3. タイマーが鳴るまでタスクに集中する
4. 少し休憩する(5分程度)
5. ステップ2 – 4を4回繰り返したら、少し長めに休憩する(15分 – 30分)

ポモドーロの途中で急用が入りタスクが中断された場合は、そのポモドーロは終了とみなし、はじめから新しいポモドーロを開始する。

メールをチェックしたくなったり、誰かに連絡する用事を急に思い出したり、他人を気にしたりしてタスクを中断することは「内的中断」であり、 さほど重要でないことをやっており、そもそもの目標設定が適切でないことに原因があるとしている。

ポモドーロ・テクニックは開発者、デザイナーなどクリエイティブな職業に就く人から支持されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ポモドーロ・テクニック

キューブタイマー「TickTime」のレビュー

キューブタイマー「TickTime」の見た目は、シンプルかつカッコイイです。

2つだけボタンがついていて、ややこしい感じがしますが、全く心配不要です。

直感的に使うことができます。

キューブタイマー「TickTime」の効果

実際に、キューブタイマーを使ってみた効果ですが、めちゃくちゃ良いです。

僕は、スマホを使ってポモドーロテクニックを実践していたのですが、スマホだと、休憩中に脱線しちゃってたんです。

SNSを開いてしまったり、メッセージを返信したりして、休憩が5分で終わらないことが多々ありました。

その結果、集中タイムよりも休憩タイムの方が長くなったり、集中タイムを再開することができなくなったりしてしまいました。

しかし、キューブタイマーのおかげで、そんなことが一切なくなりました。

なぜなら、スマホやPCを触れる必要がなくなったから。

必要な操作は、キューブタイマーを転がすだけ。

あとは、作業に集中したり休憩に集中したりするだけなので、脱線することが有り得なくなりました。

そして何より、25分間の集中力が、今までの比ではないくらい高まりました。

最近は、FP2級の勉強をしているのですが、内容の脳への定着具合が、すごく良い感じです。

スポーツなどで「ゾーンに入る」と言いますが、勉強でも、「ゾーンに入る」を感じています。

それくらいに最強の集中力を手に入れられたので、少々お値段が高いですが、コスパは最高だと思っています。

なので、集中するのが苦手だったり、もっと高い集中力を手に入れたい人に、めっちゃおすすめしたいです。

個人的には、余裕で元を取れると思うので、ぜひ試してみてください。

▼集中力を高める方法を勉強したい方は、メンタリストDaigoさんの本がおすすめです。

▼二酸化炭素濃度も集中力に大きな影響を与えているので、我が家では、二酸化炭素濃度測定器も導入しています。

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。