Apple Watch GPSモデル単体でも、ランニングを記録できる。音楽も聴ける。

Apple Watch単体でランニング

Apple Watch Series 5のGPSモデルを使っているのですが、

単体でも、

  • ランニングを記録できる
  • 音楽も聴くことが出来る
  • ことを発見したので紹介していきます。

    てっきりApple Watchのセルラーモデルだけの機能かと思っていたのですが、GPSモデルでも、Apple Watchだけでランニングを記録できることに驚きました。

    しかも、AirPodsなどのワイヤレスイヤホンがあれば、Apple Watchに音楽を取り込んで、曲を聴きながら走ることもできてしまいます。

    おかげで、ランニングにiPhoneが必要なくなったので、とっても快適に走ることが出来るようになりました。

    では早速、どのように設定すればいいかについてお伝えしていきますね。

    Apple Watch GPSモデル単体で、ランニングを記録する方法

    ランニングを記録するアプリは、Runkeeperを使います。

    iPhoneでもApple Watchでも、両方の端末にアプリをダウンロードしてください。

    そして、Apple Watchの方のアプリを開くと、iPhoneの方で、セットアップするように促されます。

    促されるまま、iPhoneの方のアプリで設定を進めていけば、セットアップ完了です。

    全く難しいことなく、Apple Watch単体で、ランニングを記録できるようになりました。

    Apple Watch GPSモデル単体で、音楽を聴く方法

    Apple Watchへ音楽を入れる方法は、iPhoneで設定する必要があります。

    Apple Watchの純正アプリ「Watch」を開いて、下の方へスクロールしたところにある「ミュージック」を選択します。

    そして、「+ミュージックを追加」からお好みの音楽を選択するだけで、Apple Watchへ音楽を取り込むことができます。

    Apple Watchを充電しながらでないと、音楽を取り込むことができないことだけ注意してくださいね。

    ちなみに、概ね300曲くらい取り込むことが出来るようです。

    あとは、Apple Watchの「設定」→「Bluetooth」から、Airpodsなどのワイヤレスイヤホンを、Apple Watchと接続すれば完了です。

    Apple Watchにイヤホンジャックはないので、必ずワイヤレスイヤホンを用意してくださいね。

    Apple Watchだけでのランニングが快適過ぎる

    ここまでの設定をすることで、

    単体で、

  • ランニングを記録できる
  • 音楽も聴くことが出来る
  • ようになります。

    今まで、iPhoneを持ちながら走っていたことと比べると、ものすごく快適になりました。

    足を進めるたびに、iPhoneが揺れるのを感じる必要がなくなったので、走ることに集中できるようになった感じがます。

    それでいて、今まで通り、音楽を聴きながら走ることもできるので、

    めっちゃ最高!!

    以外に、言葉が見つかりません。

    Apple Watch単体でランニングできるようになりたい方は、とっても簡単なので設定してみてくださいね。

    ▼ランニング以外に、Apple Watchがどのように使えるか知りたい方は、こちらの記事を読んでいただけると参考になります。

    シェア大歓迎

    記事を読んでいただき、ありがとうございます。もし役に立ったor参考になったときは、下のボタンからシェア・ツイートしていただけると嬉しいです。

    この記事を書いた人

    ぞの

    ぞの

    名古屋在住のサラリーマンが、仕事術とアートについて、配信しているブログです。
    「人生ネタだらけ」をモットーに、あなたの好奇心をくすぐる記事を用意しています。
    詳細プロフィール

    Points of You個人セッションの申し込み

    Points of Youというユニークなカードを使ったコーチングを体験してみませんか?

    自分のことを深く知り、行動できるようになるためのサポートをさせていただきます!