【解説】Apple Watch GPSモデル単体での活用事例 – ランニングを記録できる。音楽も聴ける。

Apple Watch単体でランニング

Apple Watch Series 5のGPSモデルを使っているのですが、

単体でも、
  • ランニングを記録できる
  • 音楽も聴くことが出来る

ことを発見したので紹介していきます。

てっきりApple Watchのセルラーモデルだけの機能かと思っていたのですが、GPSモデルでも、Apple Watchだけでランニングを記録できることに驚きました。

しかも、AirPodsなどのワイヤレスイヤホンがあれば、Apple Watchに音楽を取り込んで、曲を聴きながら走ることもできてしまいます。

おかげで、ランニングにiPhoneが必要なくなったので、とっても快適に走ることが出来るようになりました。

では早速、どのように設定すればいいかについてお伝えしていきますね。

Apple Watch GPSモデル単体で、ランニングを記録する方法

ランニングを記録するアプリは、Stravaを使います。

iPhoneでもApple Watchでも、両方の端末にアプリをダウンロードしてください。

きっと迷うことなく、設定を行うことができるはずです。

たったこれだけで、Apple Watch単体で、ランニングを記録できるようになります。

ランニングアプリといえば、「Runkeeper」という人もいるかと思いますが、iPhoneとの同期がうまくいかないので、「STRAVA」をお勧めします。

また、Apple Watchに入っている「ワークアウト」アプリを使っても、ランニングを記録することはできます。

ただ個人的には、圧倒的に「STRAVA」の方が使いやすいと感じています。

気になる方は、両方試してみて、お好みでアプリを選んでくださいね。

Apple Watch をつけてランニングする – Apple サポート

Apple Watch GPSモデル単体で、音楽を聴く方法

Apple Watchへ音楽を入れる方法は、iPhoneで設定する必要があります。

Apple Watchの純正アプリ「Watch」を開いて、下の方へスクロールしたところにある「ミュージック」を選択します。

そして、「+ミュージックを追加」からお好みの音楽を選択するだけで、Apple Watchへ音楽を取り込むことができます。

Apple Watchを充電しながらでないと、音楽を取り込むことができないことだけ注意してくださいね。

ちなみに、概ね300曲くらい取り込むことが出来るようです。

あとは、Apple Watchの「設定」→「Bluetooth」から、Airpodsなどのワイヤレスイヤホンを、Apple Watchと接続すれば完了です。

Apple Watchにイヤホンジャックはないので、必ずワイヤレスイヤホンを用意してくださいね。

Apple Watchだけでのランニングが快適過ぎる

ここまでの設定をすることで、

単体で、
  • ランニングを記録できる
  • 音楽も聴くことが出来る

ようになります。

今まで、iPhoneを持ちながら走っていたことと比べると、ものすごく快適になりました。

足を進めるたびに、iPhoneが揺れるのを感じる必要がなくなったので、走ることに集中できるようになった感じがます。

それでいて、今まで通り、音楽を聴きながら走ることもできるので、

ぞの

めっちゃ最高!!

以外に、言葉が見つかりません。

Apple Watch単体でランニングできるようになりたい方は、とっても簡単なので設定してみてくださいね。

他にもApple Watchの記事を書いています

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。