【レビュー】NeewerのLEDライト(ML-180AI)〜光を変えれば写真が変わる!ポケットサイズだけどパワフル!〜

【レビュー】NeewerのLEDライト(ML-180AI)〜光を変えれば写真が変わる!ポケットサイズだけどパワフル!〜

NeewerのLEDライト(ML-180AI)を購入したので紹介します。

自分で作った料理を「#ぞの飯」としてInstgramへ投稿しているのですが、

ぞの

もっと綺麗な写真が撮りたい

と思って、ものくろさん(ブログの師匠)に相談したところ、このLEDライトを教えていただきました。

僕が抱えていた悩みは、「机で撮影すると、自分の影が入り込んでしまう」というものでした。

そのため、美味しい食事のはずなのに、見た目の美味しさが半減した写真になってしまったのです。

この解決策として教えていただいたのが、「別の角度からライトを当てること」です。

そうすれば、影になった部分を打ち消してくれるというのです。

そして、実際にLEDライトを購入して試してみたら、見事、望み通りの写真が撮れるようになりました。

このように、今までの写真よりも、レベルアップした写真を撮りたいと思っている人に、今から紹介するLEDライトはオススメです。

光が変われば写真が変わりますので、ぜひチェックしてみてください。

では早速、NeewerのLEDライト(ML-180AI)についてお伝えしていきますね。

NeewerのLEDライト(ML-180AI)外観レビュー

NeewerのLEDライト(ML-180AI)は、非常にコンパクトです。

箱の中に入っているものは、説明書が要らないくらいシンプルです。

持ち運び用のケースが同封されているのが嬉しいですね。

LEDライト本体も、必要最低限のボタンやポートしかありませんので、迷うことはありません。

こちらが、電源ボタンです。

長押しすると、ライトが点灯します。

充電ポートは、「USB Micro」「USB C」の2種類。

また、出力ポートとして「USB」が対応しています。

2つの方向に、スタンドを設置する用のネジがあります。

縦長でも横長でも、どちらでも使えるので便利です。

指のマークのボタンでは、色温度や調光範囲を変更することができます。

これも直感的に操作できるので、考えることなく自分好みの明るさにすることができますよ。

ここからは、実際にライトを使った写真を紹介していきますね。

NeewerのLEDライト(ML-180AI)を使った写真

これは、ライトを使わずに撮影した写真です。

卵かけご飯とほうれん草のおひたしのところに、僕の影が写り込んでいるのがわかりますよね。

この影を、どうにかしたくて、ライトを購入したのです。

こちらが、ライトをオンにして撮影した写真です。

どちらの写真も一切加工していませんが、明らかに、こちらの写真の方が美味しそうに見えますよね。

僕の影も、しっかりと消えているのが分かるかと思います。

今度は、カメラの角度を変えて撮影した写真です。

ガッツリと僕の影が写り込んでますね。

それが、ライトを当てると、ホタテが美味しそうな輝きを放つようになりました。

僕の影も、気にならなくなりましたしね。

なお、上の写真は、このように僕から見て右奥からライトを当てています。

この角度は、ものくろさんからのアドバイスです。

斜め45度の角度から、光を入れるのが、上手に写真を撮るポイントとのこと。

今度は、上からライトを当てた写真をご紹介します。

この写真は、朝に撮影したので、僕の影はやや薄いですが、全体的に暗い印象がありますよね。

それが、上からライトをつけると、このとおり。

一気に、美味しそうな朝食の写真に変わりましたよね。

ちなみに、これがウワサの全粒粉パンです。

作り方を紹介している記事もありますので、気になる方は、併せてチェックしてみてくださいね。

NeewerのLEDライト(ML-180AI)スペック

素材 アルミ合金
LEDビーズ数量 180個
ディスプレイ OLEDディスプレイ
CRI 97以上
容量 4500mAh
充電ポート Type-C / Micro USB
充電時間 3時間以下
最大出力電力 8w
色温度 3200k-5600k
出力 1200LUX / 0.5m
入力電圧 5V-2A
出力電圧 5V-2.4A
ランタイム 100%の輝度で約1時間、5%の輝度で約17時間
調光範囲 0%-100%
サイズ 13.8×7.58x1cm
重量 160g

NeewerのLEDライト(ML-180AI)まとめ

NeewerのLEDライト(ML-180AI)を使い始めたことで、明らかに写真のレベルが上がったように感じます。

ライトの当て方によって、写真の雰囲気もガラッと変わるので、新しい写真の楽しみ方も分かりました。

このLEDライトは、充電可能な上に、ポケットサイズなので、持ち運びにも便利です。

Points of You」のワークショップに参加するときに持っていけば、より美しいカードの写真が撮れるのではないかとワクワクしています。

ライトを使えば、今までと違った写真が撮れますので、ぜひお試しください。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。