【TaskChute Cloudの使い方⑧】プロジェクトを模索し、設定する

TaskChute Cloudの使い方

TaskChute Cloudたすくしゅーとくらうどの使い方⑦、プロジェクトを模索し、設定するについて紹介します。

前回の記事では、セクションについてお伝えしました。タスクシュートならではの考え方に戸惑ったかもしれませんが、しっくりくる設定はできましたか?決して正解はありませんので、いろいろと試してみてくださいね。

さて、この記事では、いよいよプロジェクトを設定していきます。個人的には、一番設定しにくいと感じる部分なので、TaskChute Cloudにかなり慣れたタイミングでの設定がオススメします。こちらも当然ながら正解はありませんので、自分なりにシックリくるものを探してください。

では早速、詳しくお伝えしますね。

\TaskChute Cloudへの登録はこちら
TaskChute Cloud

プロジェクトを模索し、設定する

プロジェクトを設定する

TaskChute Cloud 使い方

プロジェクトは、仕事などで使うプロジェクトの意味と同じだとイメージしてもらうのが分かりやすいかと思います。プロジェクトをよりよくしていくために、タスクを実行していくという具合です。

しかし、どういう項目をプロジェクトに設定すればいいのか分かりにくいかと思います。日常生活にプロジェクトなんて決めたことはなかったので、だいぶ頭を悩ませました。

プロジェクトの例2つ

当然ながらプロジェクトの設定方法に正解はありませんが、TaskChute Cloudを使ってきて、2種類の設定を試したので紹介します。

一つ目は、自らのミッションステートメントの項目です。生きる上での行動指針を文章化しているので、この項目をプロジェクトに設定しました。例えば、「自分」「仕事」「表現」などです。

二つ目は、自分の役割を設定するという方法です。同じ自分でも、そのタイミングによって担っている役割は異なりますよね。職場にいるときは「会社員」、友人と一緒にいるときは「仲間」といった具合です。

他にも、絶対に別の設定方法があるはずですが、僕はこの2つがシックリ来ています。あなたも是非、シックリくる設定方法を見つけ出してくださいね。

\ネクストステップはこちら/

TaskChute Cloudの使い方バックナンバー

\TaskChute Cloudへの登録はこちら
TaskChute Cloud

タスクシュートに関連する記事

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。