【将棋本レビュー】藤井聡太推薦!将棋が強くなる基本3手詰〜詰将棋のコツを学べる書籍〜

【将棋本レビュー】藤井聡太推薦!将棋が強くなる基本3手詰〜詰将棋のコツを学べる書籍〜

詰将棋のコツを学べる書籍「藤井聡太推薦!将棋が強くなる基本3手詰」を紹介します。

本書は、詰将棋が上手になりたい人にオススメです。初心者向けに丁寧に解説されているので、掲載されている問題を解いていけば、詰将棋のレベルが上がるはずです。

僕は、とにかく詰将棋が下手くそで、難易度が低い3手詰でも分からないことがよくありました。ただ、本書を読んで、下手くそな理由が明確になりました。

詰将棋のパターンを知らないだけ、と。

本書では、18のパターンと200の例題が掲載されているのですが、これをしっかりと解いてから、詰将棋のレベルが明らかに上がりました。駒の使い方が上手になったことが、普段の将棋でもよく感じられるようになりました。

なので、詰将棋が苦手、終盤力が弱いなどと感じている人に、ぜひオススメしたい書籍です。

では早速、「藤井聡太推薦!将棋が強くなる基本3手詰」についてお伝えしますね。

藤井聡太推薦!将棋が強くなる基本3手詰 概要・目次

本書のまえがきには、このように言われています。

詰将棋の手筋は数多くありますが、基本的な詰手筋のほとんどが3手詰にあると言っても間違いありません。ですから3手詰を数多く解くことによって、あなたの終盤力はダンと上達します。

このことは、まさにその通りと感じていて、僕自身も、本書を読んでから、終盤力が明らかに強くなったと感じています。

一番大きかったのは、詰将棋を解くためのパターンを知ることができたこと。

いつも直線的な攻撃ばかりしていた僕ですが、玉の逃げ場をなくす方法には、いくつものパターンがあることを学びました。

そして、パターンを学んだことで、攻め方にバリエーションが生まれて、今まで以上に、将棋が楽しくなるという効果もありました。

なので、これから詰将棋を上手になっていきたい人に、ぜひオススメな書籍です。

<藤井聡太推薦!将棋が強くなる基本3手詰 目次>

第1章 3手詰へのステップアップ
第2章 詰将棋を解くコツ
第3章 基本例題3手詰
第4章 基本3手詰140題
第5章 卒業問題10題

詰将棋上達の道のり

詰将棋のルール

初心者向けの本ということもあり、詰将棋のルールから解説されています。

  • 指せるのは王手だけ
  • 詰将棋の答えは1つ
  • 攻守ともに最善を尽くす
  • 残り駒は全て玉方の自駒
  • 無駄な合駒をしない
  • 恥ずかしながら、僕は「無駄な合駒をしない」というルールを知らなかったので、

    どうやっても3手詰がない・・・

    と頭を抱えていました。

    すでに知っていることかもしれませんが、あたらめてルールの確認をしてから詰将棋を始めてみてくださいね。

    詰将棋のコツ

    詰将棋を解くためには、いくつかのコツがあると紹介されています。

  • 守備駒がなかったら
  • 玉を1つ動かすと
  • 相手の駒を取る
  • 邪魔な駒はないか
  • 先に逃げ道をふさぐ
  • 例題とともに、このコツのことが解説されているので、すごくイメージがしやすいです。

    とにかく詰まそう

    と考えていた時とは、格段に詰将棋のレベルが上がりますよ。

    詰将棋のパターン

    本書の中で、僕がもっとも勉強になったのが、詰将棋のパターンを知ることができたことです。

    【捨て駒がない手筋】
    金で詰める
    竜で追い込む
    玉は下段に落とせ
    駒を成る攻め
    駒を取る攻め
    桂の使い方
    逃げ道をふさぐ
    【捨て駒がある手筋】
    玉を誘導する(3方向)
    駒が取られる形
    捨て駒で逃さない
    守備駒を動かす(7種類)
    焦点の捨て駒
    退路封鎖
    打つ場所を作る
    邪魔駒消去
    利き筋を通す
    【覚えておきたい手筋】
    開き王手
    両王手

    この全18パターンと例題50問、そのあとの章にある練習問題140問、最後の卒業問題10問を解いたことで、グンッと詰将棋が上手になりました。

    玉を攻める方法をいくつも知っていれば、実際の将棋でも役立つことが想像できます。

    パターンを覚えたら詰将棋が上手になる

    本書を読んで一番良かったことは、詰将棋のパターンを覚えることかできたことです。

    パターンを覚えたことで、玉を詰ませる攻めのバリエーションが増えました。

    そして、今までにない攻めの選択肢が増えたので、さらに将棋を指すことが楽しくなってきました。

    本書で紹介されている基本を身に付ければ、将棋が強くなると確信しているので、これからも何度も読み直したいと思います。

    この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

    注目記事

    この記事を書いた人

    ぞの

    こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。