【要約まとめ】勝間式超ロジカル料理 by 勝間和代さん〜毎日の食事を最高のものにしたい人にオススメの本〜

【要約まとめ】ラクして おいしく、太らない! 勝間式超ロジカル料理 by 勝間和代さん〜〜

勝間和代さん著「ラクして おいしく、太らない! 勝間式超ロジカル料理」の要約まとめを紹介します。

本書は、毎日の食事を最高のものにしたい人にオススメの本です。

この本に書いてあることを実践すれば、

  • 食事が美味しくなる
  • 健康になることができる
  • 時間が生まれる
  • お金に余裕ができる
  • 精神的に楽になれる
  • 幸せな気持ちになれる

など、良いことづくめです。

2年以上、本書に書いてあるロジカル料理を実践し続けてきた僕が言うのですから、間違いありません。

料理することが億劫に感じている人にとっては、人生を変える本になるはずです。

では早速、勝間和代さん著「ラクして おいしく、太らない! 勝間式超ロジカル料理」についてお伝えしていきますね。

超ロジカル料理の基礎知識

ロジカル家電に投資する

ロジカル料理とは、徹底的にムダを省いた料理と言い換えることもできます。

そのための第一歩が、鍋やフライパンを使わないことです。

ヘルシオ ホットクックやウォーターオーブンをはじめとした調理家電を使うことで、あなたの代わりに家電が調理してくれるようになります。

そのため、劇的に調理時間が短くなります。

さらに、信じたくないかもしれませんが、あなたが作るよりも美味しく調理してくれるのです。

初期投資は、高額なのですが、長期的に見れば、絶対に回収できる投資ですよ。

調味料は4種類だけで十分

普段使う調味料を、

  • しょうゆ
  • 味噌

のみにすることも、ロジカル料理のポイントです。

これだけでは、味がしないと思われるかもしれませんが、その心配は無用です。

調理家電によって、低温調理を行うと、食材の味が引き立てられて、食材本来の味を楽しむことができます。

また、調味料を厳選することによって、健康によくない食品添加物を避けることができます。

あなたが使っている調味料には、食品添加物は入っていませんか?

塩分の法則で味付けをする

塩分の法則を知れば、味付けで失敗することは、ほとんどなくなります。

その法則とは、

おいしいとは塩分が食材の総量の0.6%〜0.8%である

というもの。

いちいち測るのが面倒と思われるかも知れませんが、僕的には、いちいち味付けを確認する方が面倒です。

そしてまた、料理中に手が離せなくても、Google Homeなどのスマートスピーカーを使えば、声で塩分量を計算することができます。

この塩分の法則を知れば、一生、味付けで大失敗することはありませんので、ぜひ試していただきたいです。

料理時間を15分以内にする

ロジカル料理のキモとなるのが、料理時間が劇的に減ることです。

勝間和代さんの場合は、

調理のために手を動かす時間は、最長でも15分

とのこと。

なぜこれを実現できるのかというと、材料を切るだけで、ほぼ調理を終えることができるからです。

  • 野菜は洗わない
  • 素材のカットを最適化する
  • 基本的に手間のかかるものは買わない、選ばない

といったことを守れば、本当に15分だけで調理を終えることができるようになります。

僕の場合は、一度に2〜3品の作り置きを行うので、25分くらいかかることが多いです。

それも、1週間に3回くらいしか料理しないので、平均すると15分くらいですね。

ロジカル料理を身に付ければ、好きなことに時間を使えるようになるので、人生の幸福度を上げることができますよ。

超ロジカル料理まとめ

紹介してきたようなロジカル料理の基礎知識を駆使することによって、

  • 食事が美味しくなる
  • 健康になることができる
  • 時間が生まれる
  • お金に余裕ができる
  • 精神的に楽になれる
  • 幸せな気持ちになれる

というような、最高のメリットを得ることができます。

初期投資が高額なことと、慣れるまで時間がかかることが、やってみる気持ちを削いでしまっているかも知れませんが、

2年以上実践している僕からすると、

人生を劇的に変えることになるので、今すぐチャレンジしていただきたい

と本気で思っています。

このブログには、あなたのロジカル料理を後押しするような記事がたくさん眠っていますので、下記の関連記事を参考にしてみてください。

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。