【TaskChute Cloudの使い方⑤】ショートカットキーで、入力スピードアップする

TaskChute Cloudの使い方

TaskChute Cloudたすくしゅーとくらうどの使い方⑤、ショートカットキーで、入力スピードアップするについて紹介します。

前回の記事までを、着実に実行していただいていれば、TaskChute Cloudも8割くらい使いこなせたと言っても過言ではありません。24時間を計画し、記録することができれば、TaskChute Cloudの効果を存分に感じているはずです。

そんなあなたのネクストステップは、TaskChute Cloudのショートカットキーを使うことです。ショートカットキーを使うことで、ほぼマウスでの操作が不要になり、入力スピードを上げることができます。たくさん種類があるように感じるかもしれませんが、どれも便利なショートカットキーばかりなので、ぜひ覚えてくださいね。

では早速、詳しくお伝えしますね。

\TaskChute Cloudへの登録はこちら
TaskChute Cloud

ショートカットキーで、入力スピードアップする

ショートカットキーを使いこなそう

仕事などでパソコンを使うとき、ショートカットキーは使っていますでしょうか?コピーアンドペーストをしたり、ウィンドウを切り替えたりなどを、マウスなしで行うと作業効率が上がりますよね。

実はTaskChute Cloudにも、入力スピードをアップするためのショートカットキーが用意されています。その数なんと、24個も。

数が多くて覚えられないと思うかもしれませんが、どれも便利なショートカットキーなので、覚えてしまいましょう。TaskChute Cloudはあなたにとって24時間365日使い続けるツールになるので、少しでも楽に操作できるようになるのが、時間を上手に使うコツになります。

オススメのショートカットキー5つ

しかし、いきなり全部を覚えろというのは、酷な話です。なので、TaskChute Cloudを使い始めて間もないあなたにオススメのショートカットキーを厳選します。

まずは、この5つだけでいいので、使ってみてくださいね。きっと、入力するのがとっても楽になるはずです。

  • 「i」:選択タスクのすぐ下に新規タスクを追加
  • 「Shift+i」:割り込み機能
  • 「Tab」:選択中のタスクを左から順に編集
  • 「s」:選択中のタスクを開始
  • 「f」:実行中のタスクを完了させる

ショートカットキー一覧

キー機能
aタスク追加欄に移動
i選択タスクのすぐ下に新規タスクを追加
Shift+i割り込み機能
Shift+c選択中のタスクを複製
↑ or k1つ上のタスクを選択
↓ or j1つ下のタスクを選択
Shift+↑ or Shift+k,Shift+↓ or Shift+j選択中のタスク位置を上下のタスクを入れ替える
s選択中のタスクを開始
f実行中のタスクを完了させる
Tab or i,Shift+Tab or h選択中のタスクを左から順に編集(Shift+Tabで逆順)
Shift+s選択タスクの開始時間を編集
Shift+e選択タスク見積もり時間を編集
Shift+f選択タスクの終了時間を編集
x選択タスクに一括編集チェックを入れる
m一括編集チェックボックスの表示/非表示
cコメント欄の表示/非表示
esc or qホップアップを閉じる
d選択中のタスクを削除
n現在位置に移動
t画面の一番上に移動
rタスクリストを最新に更新
Shift+→ or Shift+i翌日に移動
Shift+← or Shift+h前日に移動
\ネクストステップはこちら/

TaskChute Cloudの使い方バックナンバー

\TaskChute Cloudへの登録はこちら
TaskChute Cloud

タスクシュートに関連する記事

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。