コーチングを受けて気がついた、僕が仕事を楽むための3つの条件

会話を楽しむ男女

コーチングを受けて気がついた、僕が仕事を楽むための3つの条件を紹介します。

僕は困りごとがあったら、軽い気持ちでコーチングを受けたりカウンセリングを受けたりと、人に気持ちを聴いてもらうようにしています。自分の頭の中だけで考えていると、どうしてもいつもと同じような発想になってしまい、ブレイクパターンとなる行動を見つけるのが困難だからです。

そこで目下、どうしようか考えている「仕事について」というテーマでコーチングを受けてきました。仕事の量が多くて苦手な残業をせざるを得ない状況や、トップダウンで下される仕事にウンザリしていることなどを話しました。

半分以上が愚痴ぐちのようなことばかり話してしまった気がしますが、コーチに聴いてもらったおかげで、ものすんごく大きな発見をしました。それが、僕が仕事を楽むための3つの条件です。この条件を見つけることができたおかげで、これからどうやれば「仕事が楽しい」と言えるようになるかが分かりました。

では早速、詳しくお伝えしますね。

仕事を楽しむための3つの条件

仕事の全体像を知る

僕がまず求めているものは、「仕事の全体像」です。この会社が目指しているものは?この部署のミッションは?そのために、自分がやるべきことは?など、マクロな視点から見て、自分がどこに位置しているのかを知りたいのだと分かりました。

今の僕の仕事の状況は、人事異動が会ったばかりということもあり、上司から「この仕事をやっておいて」と言われている状況でした。そのため、「この仕事」が、どんな役割を果たしているのかが分からず、非常に大きなストレスとなっていました。

この発見は、自分一人で考えていては、決して気がつくことが出来ませんでした。というのも、「仕事について」というテーマでコーチングを受けていて、なんどもなんども「全体像」という言葉を口にしていることから発見できたことだからです。

なんども自分の口から出る言葉というのは、自分にとって重要な価値観を持っていることに違いありません。確かに、今までの仕事だって、全体像が分かってきたら、仕事が楽しくなってきた経験があることも思い出されました。

だから僕にとっては、仕事の全体像を知ることが、仕事を楽しむための第1条件となるのです。

仕事の目的を明確にする

2つ目は、「仕事の目的」を求めていることが分かりました。僕は、仕事をしているときに、よく「どうしてこの仕事をやる必要があるんですか?」「この仕事の根拠となる取り決め(法律)は何ですか?」と質問をしています。

というのも、どうせやるんだったら、最高の成果を上げたいからです。仕事が発生した根拠を知り、意図した成果を果たせるように頑張りたいと思うのです

そしてまた、目的が明確になっていない仕事は、自分では絶対にやりたくないとも思っています。だから「意味はないけど、なぜかやる必要がある仕事」というのが、とてつもなく苦手でもあります。

だから僕は、仕事の目的を明確にしたいという欲求があることに気が付きました。自分の場合は、過去の経験から、「Points of Youぽいんつおぶゆーのコーチングを100人に行う」「ブログを1000日で1000記事更新する」といったことが明確になっていれば、目一杯の力を発揮することが分かっています。

目一杯の力を発揮しているときは、人から見て大変そうなことでも、自分的には非常に楽しいと思えているので、仕事でも目的を明確にすることをやっていきます。

1年間、実際に仕事をする

仕事の全体像を知ると近いのですが、実際に1年間仕事をしてみることも、仕事を楽しむことの条件だと気が付きました。僕は今までアルバイトや人事異動などを含めて、5回くらい仕事が変わった経験があります。

この経験から共通していることは、新しく仕事を始めて1年くらいは、本当に使い物にならない奴だということです。最初のうちは、何をしていいか分からないから仕方ないかも知れませんが、自己評価でも酷い仕事っぷりでした。しかし、1年が経ったくらいからは、我ながら要領よく仕事ができるようになるのです。

おそらく、1年を通した仕事の流れをつかむことができるからでしょう。他の人たちが、どんな人柄なのか?どんな仕事をしているのか?を知ることができるようになるのも大きな理由です。

根拠は何もないのですが、なんとなく「1年経てば、仕事の要領をつかんで、楽しく仕事ができるようになっていそう」という感覚さえあります。多分これ、本当にそうなるやつだと思います。

話を聴いてもらって、楽しめる条件を探そう

コーチングを受けて、職場へ行くのが嫌だっていう気持ちがかなり軽減されました。これからどうしたら「仕事が楽しい」と言えるようになるかが明確になったのが大きいです。

本当に仕事が苦しかったので、自分の頭の中でも、かなりたくさん考えていたのですが、やはり人に話を聴いてもらうと違いますね。コーチングをしてもらった友人とは、普段から親しくしてもらっていることもあり、リラックスして本音を話すことができました。

僕自身もPoints of Youというカードを使ったコーチングを提供していて、「話しやすい」と評判ですので、悩んでいる方は申しこんでいただけると嬉しいです。

そして、一緒に仕事を楽しめるようにチャレンジしていきましょう。

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。