アートビギナー向け問題集「はじめて学ぶ美術の歴史 一問一答 美術検定4級練習問題」をご紹介!

アートビギナー向け問題集「はじめて学ぶ美術の歴史 一問一答 美術検定4級練習問題」をご紹介!

「はじめて学ぶ美術の歴史 一問一答 美術検定4級練習問題」をご紹介します。

本書は、美術検定4級を取得したい人、アートの歴史をかじってみたい人にオススメです。テーマ毎の名作10選や美術検定4級レベルの問題から、美術の基礎を学ぶことができます。

美術検定4級は、これから美術のことを学んでいこうと思っている人に、ピッタリのレベルの内容です。今まで美術について勉強をしたことがなくて、もうちょっと詳しくなりたい人にオススメな資格試験ですよ。

では早速、「はじめて学ぶ美術の歴史 一問一答 美術検定4級練習問題」についてお伝えしますね。

美術検定とは?4級の出題範囲は?

本書は、美術検定4級の勉強をするのにオススメの書籍です。

美術検定とは、美術を深く知りたいという美術好きのための試験のことです。資格を取得すると、美術館やアートイベントのガイドだったり、美術関連の仕事に就いたりと、美術に関わった生活を送る手助けになってくれます。

資格は、1級から4級まで用意されています。美術検定4級の出題範囲は、中学レベルの歴史の教科書や「この絵誰の絵?から出題されます。

年に1度だけ試験があって、4級の場合は45分、マークシート方式で行われます。会場は、東京・大阪・札幌・名古屋・福岡だけなので、他の都市に住んでいる人にとっては、移動の手間がかかってしまいますね。

美術検定について

「はじめて学ぶ美術の歴史 一問一答 美術検定4級練習問題」で学べること

本書は大きく分けると2部構成になっています。

前半は、テーマ毎の名作10選、後半は、美術検定4級の練習問題です。

では、それぞれの内容について紹介してきますね。

テーマ毎の名作10選

テーマ毎の名作10選は、14のテーマから名作と言われている作品が10紹介されています。

例えば、「世界の美女10人」や「世界の建造物10件」、「キモい絵10選」などがあります。

そして、「世界の美女10人」には、フェルメール「真珠の耳飾りの少女(ターバンの娘)」、ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」、フォーホル「マリリン」などが掲載されています。

テーマ毎に分けられているので、作品を覚えやすくていい感じです。

美術検定4級の練習問題

練習問題では、「西洋美術」「日本美術」「知識・情報の活用」の3つの分野に分かれて掲載されています。

問題の内容は、「誰の作品でしょう?」「作品名はなんでしょう?」といった、絵と作者、作品を一致させるものや、「図と説明が一致しているものはどれでしょう?」といったものがあります。

美術検定4級と同じく4つの選択肢から、答えを選ぶ形式です。作品を知っているか否かを問われるものなので、覚えておけば簡単に解くことはできますよ。

美術の基礎知識を学ぶのにオススメ

美術を楽しむためには、基礎知識を蓄えることが必要です。作品を観たときに、知っていると知らないでは見え方が全然違いますからね。

そこで本書は、今まで美術の勉強をしたことが少ない人にオススメです。内容も簡単ですし、誰もが知っている作品が多く掲載されているので、とても馴染みやすく感じます。

美術検定4級を取得したい人やアートの歴史をかじってみたい人は、手にとってみてくださいね。

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。