チケットぴあで購入したチケットを紛失したら「再購入」が必要

チケットを持つ男性

チケットぴあで購入したチケットを紛失してしまったのですが、「再購入」が必要だと言われてしまいました。

悲しい気持ちになりながら、いくつもの機関に問い合わせして足掻あがいたことをお伝えします。

結果的に僕は、「再購入」せずに「諦める」ことにしたのですが、同じようにチケットを紛失してしまった人は、参考にしてみてください。

チケットぴあで購入したチケットの紛失は「再購入」が必要

まず結論ですが、チケットぴあで購入したチケットを紛失した場合、再発行することはできないようです。

チケットの購入画面を提示しても、引き換え番号や整理番号が分かっていても、再発行することはできません。

そのため、どうしても観たいチケットなら、再購入が必要です。

第14条:(紛失・盗難)
当社はチケットをいかなる場合(紛失・盗難・破損等)でも再発行いたしません。

「チケットぴあ チケット販売サービス利用規約」より

紛失してからやったこと

ここからは、僕が紛失してからやったことを紹介します。数カ所へ問い合わせをして足掻いたのですが、「再購入」という結論は変わりませんでした。ただ、きっと参考になるかと思いますので、チェックしてみてください。

僕が購入したチケットは、数ヶ月前から楽しみにしていた演劇のチケットでした。販売が始まった瞬間に「チケットぴあ」で購入して、郵送でチケットを受け取りました。

ただ、部屋の掃除をしていたときに、何気なしにゴミ箱へ捨ててしまったのです。ハッキリとそのときの記憶はあるのですが、なぜ捨ててしまったのか理解できません。

そして、気が付いてすぐに、チケットぴあへ問い合わせをしました。「チケットを間違えて捨ててしまったのですが、どうしたらいいですか?」と。その結果は、前述したとおり「再購入」が必要とのことでした。

次にやったことは、演劇の舞台の会場となっているところへの問い合わせです。僕の場合は、「愛知芸術文化センター」です。そこで言われたことは「チケットの販売は、委託業者へ任させているので、そちらへ問い合わせしてください」とのこと。

そこで、チケットの委託業者へ問い合わせてみたところ、「購入したチケットぴあへ問い合わせしてください」と言われたので、僕の足掻きは終わりました。

紛失したら「再購入」か「諦める」の二択

今回の一件で学びましたが、チケットぴあで購入したチケットを紛失したら「再購入」か「諦める」の二択しかないことが分かりました。

僕の場合は、再購入してまで観たい気持ちが湧かなかったので、悲しいと思いながら「諦める」という選択を。

チケットを紛失しないことが一番ですが、もし失くしてしまったときの参考にしてみてください。

演劇好きに読んでいただきたい記事



注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。