転職活動で落ちまくると辛いけど、得られるものはある

落ち込む男性

転職活動をしていて、書類や面接で落ちまくるのは当たり前のこと。

けど、めちゃくちゃ辛い・・・

入社したいと願っていた企業から、マッチング不成立と言われるのは、まるで好きな人に振られた辛さのよう。

ただ、落ちれば落ちるほどに得られるものがあります。

それは、企業からみた自分の将来像です。

書類や面接を応募した段階では、あくまで自分目線の自分の将来像を想像しただけのもの。

しかし、企業からのマッチング不成立のお知らせによって、自分目線では欠けていた視点に気がつくことができます。

この記事では、転職活動で落ちたときの気の持ちようについてお伝えしていきますね。

好きな人に振られた辛さと似ている

もう2ヶ月くらい転職活動をしているので、いくつもの企業にエントリーしています。

書類選考だったり、そこからの面接だって数社受けました。

しかし、ものの見事に、落ちまくりです。

僕としては、実際に働いているところをイメージしながらエントリーしている分、ものすんごく辛い気持ちになります。

書類も工夫して作ったつもりだし、面接だって対策を練りました。

そんな中、落ちてしまう気持ちは、まるで好きな人に振られてしまったときの辛さのよう。

胸に一本の矢が刺さったかのように、膝から崩れ落ちそうになります。

何社も何社も落ちていると、だんだんと転職活動の足取りも重たくなってきます。

企業は入社後のことを見てくれている

ただしかし、企業は決して、僕のことがダメな人間だからという理由で落としているわけではないということは分かっています。

僕が入社してからの想像をしているのと同じように、企業も僕が入社してからのイメージをしながら選考してくれているのです。

このことに強く感じるのは、不採用の連絡をいただいたとき。

この連絡の中で、どうして不採用だったのかを教えていただけるのです。

例えば、

  • 積極性に欠けるところがある
  • 転職条件の不一致
  • などが、よく言われることです。

    こうしたお知らせをいただけることで、自分目線でしか考えられていなかった将来像に、別の視点を取り入れることができます。

    これによって、入社後の失敗を減らすことができているので、マッチング不成立の辛さはありますが、将来のことを思うと本当にありがたいことです。

    なので、転職活動では、いくら落ちたとしても、決して諦めない精神が必要だと強く感じます。

    注目記事

    この記事を書いた人

    ぞの

    こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。