【改善の余地あり】パソコンの触りすぎで肩こり・頭痛に悩む人に届け – “高さ”を変えれば楽になるかも

パソコンのディスプレイとキーボードの高さは適切ですか?肩こり・頭痛に悩む人は、改善の余地ありです

パソコンを使っていて、肩こりや頭痛に悩まされていませんか?

原因はもしかしたら、ディスプレイとキーボードの高さが、自分に合っていないからかもしれません。

僕は、四六時中、パソコンを使っているのですか、どうも肩こりがひどかったのです。

そして、肩こりがひどいのを通り過ぎた頃に、謎の頭痛も襲ってきました。

この問題を解決するために、ディスプレイとキーボードの高さを調整したら、かなり肩こりがなくなってきたのです。

もし同じようにお悩みの方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ディスプレイ・キーボードの高さを変える方法

ディスプレイ・キーボードの高さを変えるには、モニター台を使うのが手っ取り早いかと思います。

ノートパソコンを使っていても、専用の台があるので、ご安心ください。

台の高さの目安は、こちらのサイトがオススメです。

身長を入力すると、目安の高さを教えてくれますし、パソコンを操作する姿勢についても解説てしてくれています。

ディスプレイ・キーボードの高さを変えた効果

パソコンを触る高さを変えると、驚くほどに肩こりが軽減されました。

今まで気にせずパソコンを触っていても、無意識のうちに肩に負担をかけていたことがわかります。

また、パソコンを低い状態で使っていると、猫背にもなってしまい、腰痛を引き起こす原因にもなりかねません。

パソコンの高さを変えることは、全パソコンユーザーに試していただきたいことです。

ちなみに、僕の職場では、どうしても台を使うことができないので、書類の上にパソコンを置いて高さを出すようにしています。

わずかでも適切な高さに近付けるだけで楽になるので、ぜひお試しください。

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。