【レビュー】昇降式スタンディングデスク(タンスのゲン)〜座らない健康生活を始めたい人にオススメ〜

【レビュー】タンスのゲン 昇降式スタンディングデスク(ブラウン)1

タンスのゲンの「昇降式スタンディングデスク」を使い始めたので紹介します。

健康的な生活を目指している人は、一度は、スタンディングデスクを使ってみたいと思いますよね。

僕も、その一人でした。

しかし、スタンディングデスクは、それなりに部屋のスペースも取りますし、お値段もなかなか張りますよね。

そう思って、購入を躊躇していたのですが、思い切って、購入しちゃいました。

購入を決めた理由は、

  • スタンディングデスクとしては安価な「3万円以下」という値段
  • 昇降式だから座って使うデスクとしても使える

ということから。

これからスタンディングデスクを使ってみたいと思っている人には、ピッタリの商品だと思います。

では早速、タンスのゲンの「昇降式スタンディングデスク」についてお伝えしていきますね。

【タンスのゲン】昇降式スタンディングデスクのレビュー

タンスのゲンの「昇降式スタンディングデスク」は、The スタンディングデスクと言えるくらいシンプルな作りとなっています。

一番上まで上げた状態(108cm)は、173cmの身長の僕にとっては、やや低いと感じるくらいです。

パソコンを操作しているとき、キーボードを操作するにはいい高さなのですが、画面を見ると顔が俯き加減になってしまいます。

そのため、パソコンを台座に乗せて高さを調整しています。

こうすることで、身長180cmくらいまでの人は、問題なく使えるようになるはずです。

嬉しいポイントは、「幅120×奥行67.5」という広さ。

デスクワークだけでなく、食事もこの机でしたかったので、広めのデスクが欲しかったのです。

机の上に、たくさん物を置きたい人にとっては、非常に使いやすいデスクだと思います。

スタンディングデスクの高さを変えるときは、机の裏側についているレバーで操作します。

下げたいときは、レバーを引いた状態で、デスクに体重をかけると下がります。

上げたいときは、レバーを引いた状態で、上に引っ張ります。

たぶん僕の机の上には、重たいiMacが乗っているせいなのすが、昇降させる作業は、地味に力が必要です。

もしかしたら、女性には、できないかも知れません。

スタンディングデスクを組み立てる作業は、難しいものではありません。

ただし、重量が30kgもあることが、大変なところです。

かなり重たいので、怪我をしないように注意してくださいね。

【タンスのゲン】昇降式スタンディングデスクの概要

サイズ幅120×奥行67.5×高さ70~108cm
重量約30kg
耐荷重
  • 静止耐荷重:100kg
  • 昇降可能荷重:12kg
素材
  • 天板:合成樹脂化粧繊維板(PVC)
  • 脚支柱部分:スチール
カラー
  • ホワイト×ホワイト
  • ナチュラル×ホワイト
  • ブラウン×ブラック
価格29,999円(税込)

【タンスのゲン】昇降式スタンディングデスクのまとめ

タンスのゲンの「昇降式スタンディングデスク」は、個人的には、購入して大正解でした。

よかったと思う理由は、

  • デスクが「幅120×奥行67.5」と広めなこと
  • 座って使うデスクとしても使えること

です。

購入するまでは、「本当にスタンディングデスクとして使うのかな?」と心配していましたが、なるべく「座らない」健康生活を続けることができています。

これからスタンディングデスクを使ってみようと思っている人にオススメなので、ぜひ購入をご検討くださいね。

スタンディングデスクが気になる人に読んでもらいたい記事

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。