【要約まとめ】40歳でGAFAの部長に転職した僕が1ヶ月でやりきった戦略的面接対策 by 寺澤伸洋さん〜転職面接で最低限必要な準備がわかる本〜

【要約まとめ】40歳でGAFAの部長に転職した僕が1ヶ月でやりきった戦略的面接対策 by 寺澤伸洋さん〜転職面接で最低限必要な準備がわかる本〜

GAFAで働く寺澤伸洋さん著「40歳でGAFAの部長に転職した僕が1ヶ月でやりきった戦略的面接対策」の要約まとめを紹介します。

本書は、転職面接で最低限必要な準備がわかる本です。

著者の寺澤伸洋さんは、面接まで1ヶ月しか時間がない中で、必要な準備を行い、GAFAへと転職を成功させています。

本来だったら、もっと時間をかけて準備すべきところでしょうが、1ヶ月しかない状況でも、やるべき準備を行ったら、転職面接を乗り切ることも可能なのです。

本書を読めば、何を考えて、どんな準備が必要なのかわかるので、転職活動をしている人の参考になるはずです。

この記事では、あなたと同じように転職活動中である僕が、とっても大事だと思ったポイントを絞ってお伝えしていきますね。

日頃からの準備

転職において最も大事なのは、日頃からの準備です。

どんな準備かというと、

自分の市場価値は、どの部分にあるのか?

を明確にしておくということ。

いつでも、自分の強みは何かを説明できるようにしておいたり、履歴書や職務経歴書は最新にしておくことが、日頃からできる準備です。

こうして準備しておくと、自ずと自分に自信が持てるようになって、転職面接でも好印象になるはずです。

徹底的な自己分析

転職を考えている人なら、きっと自己分析を行なっていると思いますが、それは十分なものでしょうか。

本書では、A3の紙を用意して、徹底的に経歴を洗い出すことが紹介されています。

洗い出すときのポイントは、次のとおりです。

1)自分が経験した部署と、そこで成果を出した活動やプロジェクトを書く
2)活動やプロジェクトの内容をより細かく書いていく
3)具体的に、定量的に、を意識して書く

こうして洗い出した経歴から、企業が聞きたいことはどこなのかを想像して、ストーリーが語れるようになるまで準備しておきましょう。

面接官の気持ちの想像

あなたは面接官のことを、どんな人だと思っていますか。

もしや、「嫌なことを聞いてくるおじさん」というような印象ではありませんよね。

面接官は、もし採用されたら、一緒に働くことになる仲間です。

決して、敵ではありません。

なので面接対策では、面接官の気持ちになって、どんなことを聞きたいかを想像することが大切です。

僕が、一番大事だと思ったことは、「この人は一緒に働いたら楽しい人かな?」という疑問に答えること

だから、面接では、聞かれたことに答えるだけではなくて、フレンドリーさを出せるようにしないといけないなと思いました。

まとめ

転職面接では、とにかく準備が大事です。

どれだけ準備したかによって、面接での緊張度合いも変わってきますし、採用率にも変化が現れるはずです。

本書では、最低限必要な準備が紹介されています。

著者の寺澤伸洋さんが、面接まで1ヶ月で行なったことが具体的に書かれているので、きっと転職しようとしているあなたの役に立つはずです。

転職面接に不安な気持ちを抱えている人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。