【要約まとめ】転職の思考法 by 北野 唯我さん〜全サラリーマン必読!市場価値を高める仕事の選び方がわかる本〜

【要約まとめ】転職の思考法 by 北野 唯我さん〜全サラリーマン必読!市場価値を高める仕事の選び方がわかる本〜

著書「このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法 by 北野 唯我ゆいがさん」の要約まとめを紹介します。

本書は、転職を考えたことがある人はもちろんですが、全てのサラリーマン必読の書籍です。

僕は今、転職活動を行なっている最中なのですが、本書を熟読したことで、一生仕事に困らない働き方ができるイメージが湧きました。

もっとも印象的な内容が、自分の市場価値マーケットバリューを高めるということです。

自分の市場価値が高ければ、「いつでも転職できる状態」になることができるので、自由な生き方ができるようになります。

そのためには、情報や知識ではなく、「思考の軸」を持つことが重要だと言われています。

本書は、30歳前後のごくごく一般的な男性サラリーマンが主人公のストーリーです。

著名なコンサルタントが転職を成功に導いていくのですが、転職を考えたことがある人にとっては、非常に共感できる部分が多いのが特徴です。

では早速、「転職の思考法」についてお伝えしていきますので、サラリーマンの方は、必ず読み進めてくださいね。

▶︎▶︎▶︎オーディオブックで聴く

「転職の思考法」目次

プロローグ このままでいいわけがない。だけど…
第1章 仕事の「寿命」が切れる前に、伸びる市場に身を晒せ―「一生食える」を確保する4つのステップ
第2章 「転職は悪」は、努力を放棄した者の言い訳にすぎない―「組織の論理」が人の心を殺すとき
第3章 あなたがいなくなっても、確実に会社は回る―残される社員、ついてくるパートナーとどう向き合うか
第4章 仕事はいつから「楽しくないもの」になったのだろうか?―心から納得のいく仕事を見つけるために必要なこと

自分の市場価値を上げる方法

転職に必要なのは「思考法」

転職に必要なのは知識でも情報でもない、どう選べばいいかの判断基準、つまり「思考法」なんだよ。

と、いうのが、本書の主張です。

いい会社を知っているだとか、書類選考や面接を切り抜けるスキルがあるとかは、本当に大事なことではありません。

重要なのは「思考法」で、思考法さえ身に付けることができれば、一生食べていくことができるのです。

自分の市場価値を測る3つの軸

「思考法」のなかで、もっとも重要なのが、「自分の市場価値」という考え方です。

そもそも

給料は、君が「自分」という商品を会社に売り、会社がそれを買うから発生している。

のです。

会社から言われたことを忠実にやっているからではなく、市場に自分という価値を提供しているから給料をもらうことができているということです。

それはつまり、自分の価値が高ければ高いほどに、多くの給料をもらうことができるということです。

こうした、自分の市場価値を測るための方法が、次の3つの軸を掛け合わせた箱の大きさなのです。

  • 技術資産
  • 人的資産
  • 業界の生産性(一人あたり)

この箱の大きさが大きければ、その分だけ、自分の市場価値が高いということになります。

これで、今の自分の市場価値を知ることができますし、これから転職するときにも、どこの軸を伸ばしていけばいいのかを判断することができるようになります。

▼詳細は、こちらの記事をチェックしてください。

伸びる業界を見つける

自分の市場価値は、

  • 技術資産
  • 人的資産
  • 業界の生産性(一人あたり)

の3つの軸で決まるといいましたが、中でも、もっとも影響が大きいのが「業界の生産性」です。

同じ職種でも、業界が違えば、全く給料が違いますよね。

例えば、営業職だったとして、金融業界なのかウェディング業界なのかで、給料が10倍くらい変わることはザラにあるのは想像できるでしょう。

では、どうやって業界を選べばいいのかというと、当然、これから伸びていく業界です。

その、伸びていく業界を見つける方法は、3つの視点から紹介されています。

【転職の思考法】仕事のライフサイクル
仕事のライフサイクル by 転職の思考法

1つ目は、「仕事のライフサイクル」です。

すべての仕事には、明確に賞味期限というものが存在していて、①ニッチから④消滅にかけてのサイクルが存在するとのこと。

これを考慮して、転職しようとしている業界は、どこに分類されているかを判断するのです。

もちろん、①ニッチか②スターを選ぶことが、自分の市場価値を上げる方法になります。

▼詳細は、こちらの記事をチェックしてください。

もう2つの方法とは、

  • 方法①複数のベンチャーが参入し、各社が伸びているサービスに注目する
  • 方法②既存業界の非効率を突くロジックに着目する

です。

特に、「〇〇業界 ベンチャー」と検索して調べる方法がオススメされているのですが、僕も転職活動をしていて、非常に使える方法だと感じています。

おかげで、業界の実態を知ることができるようになりました。

▼詳細は、こちらの記事をチェックしてください。

「転職の思考法」まとめ

この記事では、自分の市場価値を上げることについて紹介してきましたが、本書では、他にも、ありとあらゆる転職にまつわる思考法を知ることができます。

例えば、

  • 転職を考えていることを、同僚や恋人へ話したときのこと
  • やりたいことが明確にないときの考え方
  • 転職しない方がいい気がしてきたときの思考法

など、転職を考えたことがある人はもちろんですが、全てのサラリーマンに役立つこと間違いなしの内容が詰め込まれています。

本書を読むことで、仕事に対する考え方を変えることができるので、ぜひ手にとってみてください。

▶︎▶︎▶︎オーディオブックで聴く

「転職の思考法」に関連する記事

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。