【Macアプリ】shiftlt〜画面分割を一瞬で!デュアルモニターで大活躍する便利アプリ〜

「shiftlt」というMacで使える便利アプリを紹介します。

このアプリは、画面分割を一瞬でできてしまう優れものです。

どういうことかというと、複数のウィンドウを開いているときに、それぞれのウィンドウのサイズを綺麗に整えてくれるのです。

そのため、僕のように、デュアルモニターを使っていて、常時、4つほどのウィンドウを開いている人にとっては、非常に便利なアプリです。

言葉だけでは分かりにくいかと思うので、ここからは、写真を使ってお伝えしていきます。

Macでの作業効率を上げたい人にオススメなアプリなので、ぜひチェックしてみてください。

shifltの便利なところ

shifltは、画面分割を一瞬で行うことができるアプリです。

一体、これの何が便利なのかというと、資料を見ながら文章を作成しているときなどに活躍します。

画面の半分では、資料を見て、もう半分では、文章を作成しているという具合です。

普通に画面を半分半分に使おうと思ったら、手動でそれぞれのウィンドウのサイズをコントロールしなければいけないですよね。

ただ、手動だと、どうしても、きっかり半分半分にはならないので、どこか気持ち悪さが残ってしまいます。

しかし、shifltを使えば、ショートカットキーを押すだけで、画面に対してキッカリ半分なり四分の一なりのサイズに変更することができます。

これによって、画面のサイズをいちいち手動で変更する必要がなくなるので、作業しているときの、微妙なストレスをなくすことができます。

ウィンドウの端の方にカーソルを合わせて、ウィンドウのサイズを変更する必要がなくなるのです。

僕の場合は、メインの画面では、エディタとプレビューを表示させてブログ執筆、動画を見ながらネットサーフィンをすることが多いです。

デュアルモニターでは、TaskChute Cloudとカレンダーを常時表示させていることがほとんど。

ウィンドウのサイズ変更をショートカットキーで行えるようになって、小さなストレスから解放されて気持ちよく作業をすることができるようになりました。

shiftltの使い方

Shiftltの使い方は、非常に簡単です。

サイズを変えたいウィンドウを表示させて、ショートカットキーを入力するだけ。

たったこれだけで、Mac上のすべてのウィンドウサイズをコントロールできます。

もうサイズ変更するのに、カーソルを使う必要がなくなります。

無料で使うことができる便利アプリなので、複数のウィンドウを使って作業している人は、ぜひお試しください。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。