【要約まとめ】一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書 by 鈴木 祐 さん〜生涯健康でいるための科学的な方法〜

【要約まとめ】一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書 by 鈴木 祐 さん〜生涯健康でいるための科学的な方法〜

鈴木 祐 さん著「一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書」を読んだのでご紹介します。

本書に書いてあることを実践すれば、「生涯健康でいられるだろう」と思える内容です。

健康でいるための主なトピックは、この3つです。

  • 食う
  • 寝る
  • 動く

健康に興味がない人でも、知ってるような当たり前のことですよね。

ただ、この当たり前ができていない、やり方が間違っている人が、どれだけいることか・・・

本書では、100を超える論文から、現代で最も正しいと思われるダイエット法が紹介されています。

僕も、本書の内容に近いことを実践し続けてますが、落ちなかった体脂肪が、みるみる落ちてます。

毎日、体重計に乗ることが、一つの趣味と化しています。

実践するのは、初めのうちは大変かもしれませんが、継続すれば何かしらの効果を得られるはず。

ダイエットしたいけど失敗ばかりしている人は、ぜひ参考にしてみてください。

では早速、鈴木 祐 さん著「一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書」についてお伝えしていきますね。

食べること

よくあるダイエット法では、食事制限が言われるところですよね。

そして実際に食事制限をすると、痩せることができるのですが、とにかく辛いし、食事制限をやめた途端にリバウンドしてしまいがち。

これではもちろん、一生使えるダイエット法とは言えません。

そこで本書では、実践編・初級として「加工食品を減らす」ことが言われています。

加工食品を食べないだけでも、ある程度は、適正体重におさまっていくとのこと。

加工食品そのものが体に害を与えるわけではないのですが、つい、食べ過ぎてしまうように作られているのが加工食品なのです。

なお、ここでいう加工食品とは、ケーキやポテチ、ゼリー、カップ麺、冷凍食品やフォストフードなど。

あなたは、日頃、このようなものを口にしていませんか。

また、最近流行っていますが、プチ断食もダイエットに有効です。

1日のうち、16時間は何も食べない時間を作る方法です。

僕の場合は、晩ごはんを20時までに終えるようにして、朝食を抜きにしています。

これを実践し始めてから、ものすごい勢いで体脂肪が落ちていきました。

詳しいやり方は、本書にありますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、「「空腹」こそ最強のクスリ」でも詳しく紹介されていますので、こちらも読んでみることをお勧めします。

眠ること

眠ることも、ダイエットに大きな影響を与えます。

2004年に行われた研究では、睡眠時間が7時間よりも少ない人は、8時間睡眠の人より、8倍も肥満になりやすかったとのこと。

では一体、どのような対策が有効なのでしょうか。

本書では、次の4つのポイントを紹介してくれています。

  • 光のコントロール
  • 日中の運動量
  • ストレスホルモン
  • 睡眠環境

このうち、今日の夜からできることは、光のコントロールと睡眠環境かと思います。

光のコントロールでは、iPhoneやMacの「Night Shift」モードで、20時くらいから画面を暗くすること。

また、「f.lix」アプリを入れて、目の疲れを軽減すること。

いずれにせよ、夜にブルーライトを浴びてしまうことが、睡眠にとって有害なので、避けた方が良さそうです。

ちなみに、驚いたのが、PCメガネでは、ほとんど睡眠の質を上げることはできないということ。

まだ、登場したばかりの商品だからかもしれませんが、このことには驚きましたね。

睡眠環境というポイントでは、なるべく自然な環境のもとで眠ることが推奨されています。

例えば、次のようなことが挙げられます。

  • ひとりではなく集団のなかで眠る
  • たき火や鳥の声などの環境音が豊富
  • かなり硬い寝床を使う
  • 光とともに起きる

僕はこれを受けて、YouTubeで「夜 自然音」でヒットした音を聞いてから眠るようにしました。

今までもぐっすり眠れていたのですが、なんとなく気持ちが落ち着きやすくなった感じがします。

眠りに課題のある人は、本書にさまざまな手法が紹介されているので、ぜひお試しください。

動くこと

ダイエットに運動は必須と思われていると思いますが、本書では、こう言われています。

“痩せるための運動”をしてはいけない

その理由は、運動だけで消費されるカロリーは、消費カロリー全体の30%にも満たないため、食事を改善しない限り体脂肪を減らすのは不可能だからです。

なので、痩せるために運動を頑張っても、全然変化が現れないままに、挫折してしまうわけです。

では一体、なんのために運動は必要なのかというと、次の3つのことが挙げられています。

  • 若返り
  • メンタルの改善
  • 頭を良くする

そして、ここでいう運動とは、「NEAT」という考え方。

日常生活で消費されるカロリーの合計を意味しています。

つまり、掃除したり洗濯したりといった生活の中で、なるべく動く量を増やすことが大切だということです。

また、ある程度、体脂肪が落ちてきたら、HIITなどの運動と組み合わせるのが最強です。

実際に僕も、日頃からスタンディングデスクを使ったり、タバタ式トレーニングを始めてから、落ちなかった脂肪がみるみる落ちていくようになりました。

今は、人生でもっとも体脂肪率が低い状態なのですが、このままどこまで落ちていくかが楽しみです。

まとめ

本書からは、生涯健康でいるための科学的な方法を学ぶことができます。

ここ一年くらい、本書にある食事や睡眠、運動を続けている僕的には、めちゃくちゃ効果があると実感しています。

はじめた当初は、キツくて挫けそうになることもありましたが、早い段階から効果がで始めるので、すぐに楽しくなってきました。

今まで何度もダイエットに失敗してきた方は、ぜひ、本書の内容を実践してみてください。

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。