【TaskChute Cloudの使い方④】記録を分析し、1日の計画に活かす

TaskChute Cloudの使い方

TaskChute Cloudたすくしゅーとくらうどの使い方④、記録を分析し、1日の計画に活かすについて紹介します。

前回の記事では、24時間を計画し、記録を取ることについてお伝えしました。実践していただいたあなたは、きっと今、絶望感を感じているところでしょう。計画と行動を一致させるのは、非常に難しいですよね。

そこで、ネクストステップでは、より精度の高い計画を作ることにフォーカスします。TaskChute Cloudを使っていて、ここが一番辛いところなので、頑張ってチャレンジしてみてくださいね。乗り越えることができたら、十分に使いこなせていると言っても過言ではありませんよ。

では早速、詳しくお伝えしていきますね。

\TaskChute Cloudへの登録はこちら
TaskChute Cloud

記録を分析し、1日の計画に活かす

計画と記録の違いを分析する

24時間を計画し、行動してみると、理想と現実の違いに絶望感を味わうことになってしまいます。しかし、これは普通です。誰でも一度は必ず経験することなので、安心してくださいね。

大事なのは、同じ失敗を繰り返さないこと。そのため、ものすごく嫌な気持ちになるかもしれませんが、24時間の記録を振り返ってみましょう。

計画と記録の差が大きいところ、計画にはなかったタスクを探してください。ここが、改善ポイントです。

クセを自覚し、明日の計画を立てる

嫌な気持ちになりながらも記録を振り返ることができたあなたは、もう同じ失敗を繰り返しません。もう二度と、嫌な気持ちになりながら振り返りたくないですもんね。だからきっと、次の計画は、より精度が高くなるはずです。

ここで見つけた失敗点を踏まえて、もう一度、24時間を計画してみましょう。大変かもしれませんが、ここがTaskChute Cloudを使う中で、最大の山場です。頑張ってくださいね。

オススメは、夜の時点で、明日の計画を立てるということです。その理由は、朝に微調整をするためです。

朝一番で、今日の計画を微調整する

前日の夜に計画した24時間を、朝一番でも微調整することが、計画を立てる上で重要です。なぜなら、夜の自分と朝の自分という、二人の自分が、計画を立てているからです。

僕の場合は、夜の自分は自信過剰な自分、朝の自分は冷静さを持ち合わせた自分になります。睡眠を挟むことで、まるで別人格のようになります。

そんな二人の自分が計画を立てることで、より精度の高い計画になることは間違いありません。今までの経験上、朝に微調整をするかしないかで、タスクの実行率が大きく変わるのです。

ちょっと言っている意味がよく分からないかもしれませんが、とにかく夜と朝に計画を立ててみてください。もちろん、計画倒れになったことを踏まえてくださいね。

これを2,3日続けることができたら、自分自身の計画と行動のクセを見抜けるようになります。そしたら、TaskChute Cloudを使うことが、めちゃくちゃ楽しくなってきますよ。

ここが一番大変なところになりますので、頑張って乗り切ってくださいね。

\ネクストステップはこちら/

TaskChute Cloudの使い方バックナンバー

\TaskChute Cloudへの登録はこちら
TaskChute Cloud

タスクシュートに関連する記事

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。