上司からの何気ないお礼の一言「ありがとう」が、心に沁みて嬉しかった話

上司からの何気ないお礼の一言「ありがとう」が、心に沁みて嬉しかった話を紹介します。

4月から、少し苦手だなと思う上司と仕事をしていました。上司が考えていることがよく分からないですし、会話をしてもなかなか続きません。それでいて、自分の上司の顔色ばかり伺っていたり、見えないところで誰かを馬鹿にしていたりして、どうも好きになれませんでした。

けどしかし、サラリーマンである以上、上司は自分で選ぶことは難しいですし、上司か自分を人事異動で別の部署へ異動させることは困難です。なので、どうにかして、上司と仲良くなって仕事をやりやすくしたいと考えていました。

そんなある日、僕が上司から頼まれた仕事を、自分なりに調べて仕上げました。すると上司から、「ありがとう」と言われたのです。いや、普通のことなのですが、そのお礼の一言は、いつもと違う感じがしました。気持ちがこもっている気がしたのです。

以来、少し苦手だなと思う上司との関係が、緩やかになってきました。まだ雑談ができるほどではありませんが、仕事の話を何気なくできるようにはなってきました。当然、仕事がやりやすくなったことは言うまでもありません。

このような、上司からの何気ないお礼の一言「ありがとう」が、心に沁みて嬉しかった話を詳しくお伝えしますね。

「ありがとう」が嬉しかった話

どうも好きになれない上司

今の上司と一緒に働き始めたのは4月からでした。お互いに配属されたばかりで仕事に慣れていなかったこともあり、自分の仕事に手一杯でコミュニケーションを取る機会は少なかったです。

けどしかし、時間が経つにつれて、だんだんと上司の特徴が分かってきました。一言でいうと、どうも好きになれないタイプです。

  • 部下の話に聞く耳を持たない
  • 自分の上司の顔色ばかり伺っている
  • 椅子にふんぞり返っているだけで仕事をしない
  • 飲み会の席だけやたらと元気になる
  • 見えないところで誰かを馬鹿にしている

と、悪いところに目を向けないようにしても、ここに挙げたようなところが気になって仕方ありませんでした。

20代の僕が、一緒に仕事をしたくないと思う上司の特徴を挙げてみる

頼まれた仕事を、自分なりに調べて仕上げた

そんなある日、苦手な上司から仕事を頼まれました。他の部署との調整が必要で、集めた情報を分析し、プレゼン資料を作るというものです。

この仕事自体は、やりがいのあるものでしたし、僕の得意なことなので、楽しみながら行いました。そして、スピード重視で、クオリティは低いけれど、要点をまとめた資料を作ることができました。

予想外に喜んでくれて、お礼を言われたことが嬉しかった

このプレゼン資料を作ったときに、苦手な上司にお礼の一言「ありがとう」と言われたのです。いや、お礼を言われるのは、今回が初めてのことではありません。けどしかし、この「ありがとう」は、いつもと違う感じがしました。

初めて気持ちが入っているお礼を言われた感じ。仕事の出来を認められた感じ。アドラー心理学でいう「横の関係」ができた感じ。

とにかく、いつもと違った「ありがとう」だったので、なんかとっても嬉しかった。

上司との関係が緩やかに

この仕事をやって以来、上司との関係が劇的に変わりました。今まで以上に、仕事の話をするようになりましたし、笑い話もされるようになりました。

おそらく、僕が感じていた上司への苦手意識が薄れたことによって、上司も話しかけやすくなったのかと思います。そしてまた僕も、上司との壁が低くなった感じがあるので、上司に近づきやすくなりました。

当然、仕事がやりやすくなったのは言うまでもありません。

感謝の気持ちを声に出せていますか?

たった一言のお礼「ありがとう」と言われただけで、ものすんごく気持ちが変わりました。ようやく職場の一員として認められた感じです。

好きになれずに苦手意識を持っていた上司でしたが、だいぶ苦手意識がなくなりました。

感謝の気持ちを表してもらえるって、ここまで嬉しいことだと思わなかったですし、変化を起こす言葉だと知りませんでした。

あなたか誰かに対する感謝の気持ちを、声に出すことはできていますか?

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。