本店 加賀彌助 訪問レポート〜金沢駅東口から徒歩3分、アットホームなお寿司屋さん〜

金沢にあるお寿司屋さん「本店 加賀彌助かがやすけ」の訪問レポートをお伝えします。

加賀彌助は、金沢駅東口から徒歩3分のところにあります。特徴はなんといっても、店内のアットホームな雰囲気です。大将ご夫婦と娘さんの3人で切り盛りしています。お客さんとの距離感が近くて、わきあいあいとお寿司を楽しむことができます。

また、能登や氷見で捕れた新鮮なお食材を提供してくれるにも関わらず、おまかせ握りが3,800円(税抜)と大変お得なお値段。僕は追加で二貫注文したのですが、それでも合計5,184円のお会計でした。

では、もっと詳しく「本店 加賀彌助」を紹介しますね。

本店 加賀彌助 の概要

お店の外観

お店情報

店名本店 加賀彌助
住所石川県金沢市本町2丁目19−15
電話番号076-221-6357
定休日月曜日(祝日は営業)
営業時間12:00~24:00
予約の可否予約可
クレジットカードカード可
席数35席(カウンター15席、2階の座敷20席)
駐車場あり(3台)
ウェブサイト公式サイト
食べログ掲載あり

地図・アクセス

金沢駅東口から徒歩3分。

訪問レポート

利用シーン・予約状況

2019年1月24日(木)18時ごろ。

予約なし。

15席あるカウンターのうち、僕以外には2名のお客さんがみえました。

お話によると、この日は、他にも数名のお客さんの予約があるそうです。

また2月の旧正月前後は、中国や韓国からのお客さんで満席になるそうです。

本日のおまかせ握り(地魚の握り九貫 巻物二種)+追加注文 二貫

▲寒ブリの赤身

今年は、ブリが不調なのだそう。市場には、10kg以上のブリと呼べるものが出回りにくい状況のなか、このブリは驚きの16kgもの。たっぷりと脂が乗っていて最高でした。

▲ヤリイカ

お塩とゆずの香りが最高でした。

▲本マグロ

写真で見てもわかるように、ものすごい脂でした。口に入れた瞬間にとろけてしまうレベルで、悶絶するほどに美味しかったです。

▲甘エビ

金沢ならではの大きな甘エビ。プリプリしていて、とっても甘かったです。

▲真あじ

サッパリしていて、口の中を整えてくれているようです。

▲真鯛

しっかりとした歯応えで、噛めば噛むほどに美味しさが味わえました。

▲コハダ

中には苦手な人もいるかもしれませんが、僕は光物も大好物。臭みもなくて、美味しいです。

▲本マグロの子どもの漬

漬にしてあることで、とろけるような美味しさとは違った美味しさを感じられました。言葉で表現できないのが悔しいです。

▲いくら

加賀彌助 自家製なのだそう。粘り気がないので、横にしたらこぼれてしまいます。いくらの粒がしっかりしていて、美味いのなんのって。市販のいくらが食べられなくなります。

▲鉄火巻き、かっぱ巻き

おまかせ握りの締めです。ここまででも十分にお腹いっぱいになりましたが、120%満足したかったので、追加注文もしてしまいました。

▲まんじゅう貝

まだ生きてる状態で出してくれました。貝類が大好きなので、最高な気分に。

▲アジ

大将にオススメしてもらったので、食べてみました。旬の時期ではないのでやや脂の乗りが少なめでしたが、それでも美味しいことに変わりはありません。

お会計

5,184円(本日のおまかせ握りは、3,800円(税抜))

飲み物は、温かいお茶を注文したので、会計には含まれていません。

まとめ

今日、握ってもらったのは、大将の娘さんです。笑顔が素敵で、お話し上手。わきあいあいとお寿司や金沢のことで盛り上がりました。

寿司ネタは当然のように、どれも新鮮です。金沢ならでは、という味に酔いしれました。(お酒は飲んでいませんが…)

それでいてお寿司のお値段は良心的なので、気軽に足を運びやすいお店ですよ。

石川県にあるお寿司屋さんの紹介記事

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。