【要約まとめ】才能は開ける byロジャー・ハミルトン氏〜ウェルスダイナミクス、ウェルススペクトルで才能を開花させる〜

【要約まとめ】才能は開ける byロジャー・ハミルトン氏〜ウェルスダイナミクス、ウェルススペクトルで才能を開花させる〜

ウェルスダイナミクス・ウェルススペクトル考案者 ロジャー・ハミルトン(Roger Hamilton)氏著「才能は開ける」(原書:Millionaire Master Plan)の要約を紹介します。

本書は、自分の才能を開花させたい人にオススメです。成功者になる方法が世の中には出回っていますが、人によって言っていることが違うのはなぜでしょう。ある人は、アイデアを生み出すことが重要だといい、ある人はコツコツと積み重ねることが重要だという。

この違いは、ウェルスダイナミクスの4つの周波数を知れば、才能の違いであることが理解できるようになります。そしてまた、4つの周波数を知った後で、ウェルススペクトルの考え方を学べば、才能を開花させる道筋が見えてきますし、どの成功者の意見を参考にすればいいのかがわかるようになります。

では早速、ロジャー・ハミルトン氏著「才能は開ける」についてお伝えしますね。

「才能は開ける」の概要・要約

本書は、ロジャー・ハミルトン氏が考案したウェルスダイナミクスの考え方が元になっています。ウェルスダイナミクスは、あなたが持っている才能を「4つの周波数」のいずれかに分類して、自分の才能を活かす方法を学ぶツールです。なのでまずは、無料の周波数を知るためのテストを受けてみてから、本書を読み進めてくださいね。自分の周波数が、次の4つのいずれかが分かります。

  • 創造することが好きな「ダイナモ」
  • 人とつながることが好きな「ブレイズ」
  • 人の役に立つことが好きな「テンポ」
  • 詳細が好きな「スチール」
周波数簡易テスト

4つの周波数のいずれかに該当するかわかれば、次は、ウェルススペクトルについて学びます。ウェルススペクトルは、9つの階層に分かれていて、必ずどこかに属しています。これも本書についているテストを受ければ、自分の現在地がどこかが分かります。

ウェルスペクトルの階層は、経済的な側面や、精神的な側面などによって、自分の現在地を知るツールです。そしてまた、才能を開花させるために行うべきことを知ることができるツールでもあります。本書では「基礎プリズム」と呼ばれる、個人のフローをマスターする方法について語られています。全人口のほとんどの人が該当しているレベルの話なので、あなたもきっと参考になるはずです。

<才能は開ける 目次>

第1章 あなたの才能を見つけよう〜あなたの周波数はどこか?〜
第2章 あなたの現在のレベルを見てみよう〜ウェルス灯台の階層〜
第3章 「赤外線レベル」から抜け出す方法
第4章 「赤レベル」から抜け出す方法
第5章 「オレンジレベル」から抜け出す方法

ウェルススペクトルのレベルを上げる方法

ここからは、ウェルススペクトルのなかの「基礎プリズム」である「赤外線レベル」「赤レベル」「オレンジレベル」についてお伝えしていきます。

本書の中では、4つの周波数ごとに、ウェルススペクトルを上げていく方法が解説されていますが、この記事では、全部の周波数に共通して言えることを紹介しますね。

赤外線レベルを抜け出す

赤外線レベルというのは、ウェルススペクトルの中で、もっとも下に位置するレベルです。赤外線レベルの人は、個人の収支がマイナスになるなど、お金に関して困っています。ストレスや疲労が蓄積し、批判したりアイデアを出したりして、気を紛らわそうとする特徴があります。

赤外線レベルを抜け出すには、まずお金と時間の流れをしっかり把握できるようにしなければいけません。また、日々の習慣を正したり、他人ではなく自分のことを優先したりしていく必要があります。

赤レベルを抜け出す

赤レベルは、赤外線レベルよりも一つ上のレベルです。とは言っても、9つの階層の中で、下から2つ目です。赤レベルというのは、毎月の赤字がなくなったレベルです。厳しい言い方をすれば、生活するだけのお金しか稼げない状態をいいます。

次のオレンジレベルへ行くためには、収支をプラスにする必要があります。その方法は、自分をやる気にさせてくれる情熱を見つけることや、規律の質を上げること、フローに乗っている人と手を組むことが挙げられています。一人でガムシャラに頑張ってしまうことは、オレンジレベルに上がれない原因となりがちなので注意してくださいね。

オレンジレベルを抜け出す

オレンジレベルは、収支がプラスになっていて、少しお金に余裕がある状態です。しかし、生活のために一生懸命に働かなければいけないので、息を抜く時間は週末しかありません。収入や休みを雇用主任せになっている状態です。

次の、黄色レベルは、個人事業主になってしっかりと生計を立てている人をイメージするといいでしょう。そのためには、市場とのつながりを得るための行動が必要です。独自性を明確にすること、市場を知ること、価値をお金にする、の3ステップを踏むようです。

才能を開花させよう

ウェルスダイナミクスの4つの周波数を知れば、自分が持っている才能の種類がわかるようになります。そしてまた、ウェルススペクトルの考え方を学べば、才能を開花させる道筋が見えてくるはずです。

なのでまず、4つの周波数のどれに該当しているか、ウェルススペクトルのレベルはどこに位置しているかを知ることで、あなたのこれからやるべき人生戦略がハッキリしてくることでしょう。

自分の才能を開花させたい人は、ウェルスダイナミクス・ウェルススペクトルを学んでみてくださいね。

周波数簡易テスト
ウェルススペクトルについて

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。