移住したいほどに、瀬戸内が大好きな理由を語る

瀬戸内 フェリー 瀬戸内国際芸術祭

僕、岡山県と香川県に挟まれた瀬戸内のことが、とっても大好きなんです。

2013年に瀬戸内国際芸術祭の存在を知ったことがきっかけなのですが、以来、移住したい場所ナンバー1となっています。

街とアートが融合していて、瀬戸内にいるだけで幸せな気分になれます。それでいて、うどんを始め、食事が本当に美味しい。瀬戸内に住んでいる人たちも、すごく優しい。

なんども足を運んで、瀬戸内のことを知れば知るほどに、大好きになってきました。

この記事では、移住したいほどに、瀬戸内が大好きな理由を語りますね。

瀬戸内が大好きな理由

街とアートが融合している

瀬戸内のことを知るきっかけとなったのは、瀬戸内で3年に一度のペースで開催されている瀬戸内国際芸術祭です。現代アートの祭典が行われているらしいと、友人に聞いて参加してみたことが始まりです。

実際に、瀬戸内の島々を訪れていると、街の中にアート作品が融合しているかのように展示してあります。アート作品が展示されているのは美術館ばかりだと思っていた僕は、すごく衝撃的でした。

この、街とアートが融合している感じに、一目惚れしてしまいました。以来、なんどもなんども瀬戸内を訪れているくらいです。

瀬戸内に住んでいる人たちが好き

瀬戸内へ行くと、何かと現地に住んでいる人たちと話す機会があります。例えば、瀬戸内国際芸術祭へ参加しているときに、食事処にいる人たちとだったり、フェリーを待っているタイミングなどです。

そこで話した瀬戸内の人たちは、本当に優しいのです。作品が完成するまでのエピソードを教えてくれたり、季節ごとに変わる瀬戸内の様子を教えてくれたりと、見ず知らずの僕をおもてなししてくれるのです。

そのため僕は、瀬戸内に住んでいる人たちのことが大好きになりました。

食事が美味しい

香川県のことを「うどん県」と言うくらい、瀬戸内ではうどんが有名ですよね。僕も、瀬戸内へ行ったら、必ず食べるほどに、うどんが美味しいと思います。あの、独特のコシの強さが大好きです。

他にも、瀬戸内は海に面しているので、海鮮が美味しいです。オリーブをはじめとした、山の幸だって美味しいです。

うどんが有名なのですが、瀬戸内で食べる食事は、本当に美味しいので、いつも食べ過ぎてしまいます。

自然が美しい

ご存知の通り、瀬戸内は海が広がっています。正直に言って僕は、そんなに海が好きではないのですが、瀬戸内の海は好きです。

島がたくさんあるおかげで、波が穏やかなのです。天候が良い日も多いので、海がキレイに見えるのです。

鬼ヶ島のてっぺんから見た瀬戸内の海は、忘れることがない景色の一つです。

帰ってきた気持ちになる

何より、なんども瀬戸内へ行っているせいか、行くたびに「帰ってきた〜」という感覚になれるのです。

宿泊を伴う旅行へ行って、地元の駅へ着いたときに、「帰ってきた〜」という気持ちになったことはありませんか?その気持ちが、瀬戸内に到着するたびに湧き上がってくるのです。

そんな感覚になれる土地は、地元と瀬戸内だけです。まるで、体が瀬戸内を求めている感じがするのです。

いつか瀬戸内に移住したい

僕にとって瀬戸内は、移住したい場所ナンバー1です。

好きなところはたくさんありますが、何より帰ってきた気持ちになれるのが、一番の理由です。瀬戸内の空気を吸っていると、とても落ち着くのです。本気でいつか、瀬戸内に移住したいくらいなのです。

瀬戸内はとにかく素晴らしいところなので、まだ行ったことがなかったら、足を運んでみてくださいね。

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。