コーチングを勉強しようと思ったとき最初に読むべきオススメな本

ノートを書く女性

コーチングを勉強しようと思ったとき最初に読べきオススメの本を3冊紹介します。

実際にコーチングを実践できるようになるためには、どこかのスクールへ通ったり、たくさんの練習を積んだりしなければ、一人前になることはできません。

けどしかし、実践経験がなくても、コーチングの基礎知識を身に付けるだけで、日常生活を変えることはできます。コーチングの基本とされていることを知ることができれば、日々のコミニュケーションの仕方が変わってくるはずです。

そんな、基礎知識を身に付けるためにオススメしたいのが、これから紹介する3冊の本です。どれも読みやすくて大事なことが書かれてある印象です。

これからコーチングを勉強しようとしている人は、ぜひチェックしてみてください。

CTIジャパン著「マンガでやさしくわかるコーチング」

コーチ養成機関 CTIジャパン著「マンガでやさしくわかるコーチング」は、コーチングのことをしっかりと理解してもらえるように工夫されています。

コーチングの名前の由来から、コーチングで大事なこと、コーチングの効果まで、マンガで描かれているので、すごく分かりやすいです。

主人公である営業マネジャーの女性が、最初はワンマンプレイで成績が伸び悩んでいたところから、チームを率いて成績を伸ばしていくストーリーは、サラリーマンである僕にとって共感できるポイントがたくさんありました。

古宮昇さん著「マンガでやさしくわかる傾聴」

心理カウンセラー 古宮昇さん著「マンガでやさしくわかる傾聴」は、コーチングの基本である傾聴について学ぶことができます。

傾聴による心の変化、行動の変化を知ることで、これからの相手とのコミュニケーションのやり方が変わるはずです。

傾聴が上手になれば、相手の話を聴くことでコーチングと同じ効果を感じてもらえるようになりますよ。

レス・ギブリン氏著「人望が集まる人の考え方」

レス・ギブリン氏著「人望が集まる人の考え方」は、人望を集めるための条件が書かれてある本なのですが、紹介されている内容はコーチングで必要なことばかりです。

「相手を受け入れる」「相手を認める」「相手を尊重する」ことが、人々を惹きつける条件と言われていますが、どれもコーチングでも必須なこと。

相手から信頼してもらうための考え方を学ぶことで、コーチングの効果を高めることができるようになりますよ。

コーチングを勉強しよう

コーチングができるようになるためには、スクールへ通ったり、実践を積んだりする必要があります。

けどしかし、基本的な知識は、本を読むことでも学ぶことができます。コーチングの基礎を知るだけでも、これからのコミュニケーションの仕方を大きく変えることができますよ。

コーチングの勉強をしようと思われたなら、紹介した3冊をチェックしてみてくださいね。

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。