仕事でミスしたときの上司からの一言に酷く傷付いている話

悩んでいる男性

仕事でミスしたときの上司からの一言に酷く傷付いている話です。

僕はよく仕事で、「ぽかミス」をやらかしてしまいます。最も多いミスが、書類を作ったときの誤字脱字。どれだけ見直しても、どうしてもミスに気が付けないことが多いのです。

そして、その書類はすべて上司のチェックを受けるので、ミスに気が付くことができて、毎度毎度、猛烈に反省しています。

ただし、自己反省に加えて、上司からの追撃の一言が入ることに、非常に傷付いています。

  • またミスしたのか。
  • ちゃんとチェックした?
  • 前作った書類を参考にした?
  • などなど、さまざまな一言が飛んできます。

    言いたくなる気持ちはわかります。僕も、僕みたいなやつが部下だったら、きっと同じようなことを思うことでしょう。

    しかし、自分でも反省しているところに、上司からも追撃の一言があるせいで、酷く傷付いている自分がいるのです。

    100%自分が悪いミスなので、ノーガードでボディブローを受けているようなもの。これによって、少しずつ少しずつ、僕の心がダメージを受けていることを感じます。

    この記事では、そんな辛い気持ちを、少しだけ吐き出していきます。

    ミスした原因は、自分がよくわかっている

    仕事をしていると、どうしてもミスは付きものですよね。

    書類を作成したときの誤字脱字や、接客したときの伝え方の誤りなど、どんな人でもミスは必ずあるはず。

    そして、誰もがミスはしたくない。ミスをしたくてしているわけがないので、ミスに気がついたときには、猛反省しますよね。

    当然、僕もミスに気がついたときには、ものすんごく反省して、もう二度と同じミスを繰り返さないように気を付けます。

    ノーガードのときに、追撃してくるのはやめてほしい

    ただ、ミスを上司に見つけられてしまったときに、僕は、酷く傷付いてしまいます。

    ミスをしてしまったことだけでも、相当に反省していて、自分が間違っていたと思っているわけですが、

    そんな状態の時に、上司から、

  • またミスしたのか。
  • ちゃんとチェックした?
  • 前作った書類を参考にした?
  • といった、追撃の一言が飛んでくるからです。

    この言葉たちが、僕にとっては、酷く辛い一言。

    なぜなら、

    そんなこと、言われなくても分かっている

    からです。

    まるで、ノーガードの時に、ボコボコに殴られているような感覚を味わっています。

    部下がミスしたときに、何か言いたくなる上司の気持ちはわかるのですが、そこは「グッとこらえてほしい」というのが僕の本音。

    自分でもわかっていることを改めて言われると、心にグサグサと来るものがあるのです。

    傷付かない対策がわからない

    ただ困ったことに、どうやったら傷付かなくなるかがわからないのです。

    ミスを減らすための努力はできるものの、ミスをゼロにすることは不可能に近い。

    かといって、上司に、

    そんなことわかっているから言わないでいいです

    と伝えるのも、立場上、非常に難しいものがあります。

    最近は、このことが気になりすぎてしまって、上司に対して、萎縮して仕事をしているような感覚もあります。

    さて、いったい、どうしたものか・・・

    僕の、目下の課題の一つです。

    注目記事

    この記事を書いた人

    ぞの

    こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。