「繊細さんの本」の要約まとめ〜繊細な感性を大切にして、元気に生きていく方法がわかる書籍〜

【要約まとめ】繊細さんの本 by武田友紀さん〜HSPや敏感さでストレスを抱えている人にオススメな本〜

HSP専門カウンセラー 武田友紀さん著「「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本」の要約を紹介します。

本書は、繊細でストレスを受けやすい人にオススメです。

「繊細な人」というのは、HSP(Highly Sensitive Person)という概念がベースになっています。

ここ最近の日本では、「敏感すぎる人」「とても敏感な人」と認知されるようになってきましたよね。

そのような人たちのことを、愛情を込めて「繊細さん」と呼んでいます。

繊細さんは、他の人が気にならないところに気が付いてしまったり、些細なことを気にしてしまったりして、ストレスを抱えてしまうことがよくあると思います。

しかし本書では、そのような繊細な感性を大切にして、元気に生きていく方法が記されています。

世にも珍しいHSP専門カウンセラー 武田友紀さん自身の体験や相談内容をもとに書かれた本ですので、きっと繊細さんの参考になるはずです。

では早速、武田友紀さん著「「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本」についてお伝えしますね。

▶︎▶︎▶︎オーディオブックで聴く

「「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本」の概要・要約

本書でいう「繊細さん」とは、アメリカの心理学者エレイン・アーロン博士が提唱したHSP(Highly Sensitive Person)という概念がベースになっています。

繊細さんが持つ「繊細さ」は、性格上の課題ではなく、生まれ持った気質である可能性が高いと言われています。

背の高い人が身長を縮められないように、繊細さんが鈍感になることはできません。

鈍感になろうとすることは、自分を否定して生きることになるので、自信や生きる力を失いかねません。

しかし、安心してください。

繊細さんが持ち味である「繊細さ」を大切にすることで、元気に生きていく方法があるのです。

本書では、HSP専門カウンセラー 武田友紀さん自身がHSPである経験と、600名を超える相談から、元気を取り戻していったノウハウを学ぶことができます。

<「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本 目次>

第1章 繊細さんがラクになれる基本
第2章 毎日のストレスを防ぐカンタンなワザ
第3章 人間関係をラクにする技術
第4章 肩の力を抜いてのびのび働く技術
第5章 繊細さんが自分を活かす技術

繊細さんがラクになれる方法

毎日のストレスを防ぐ

繊細さんは、人の感情や物音、わずかな光などから、さまざまな情報を感じ取ってしまうため、ストレスを感じてしまうことが多いのではないでしょうか。

本書では、そんな繊細さんが刺激から受けるダメージを減らす方法が紹介されています。

例えば、「モノ」を使って防ぐ方法です。

サングラスや伊達メガネをすることで、必要以上のものが見えないようブロックする。

ノイズキャンセリングイヤホンや耳栓をして、気になる音を防ぐ。

マスクをしたり好きな香水をつけることで、嫌な匂いを包み込むなどです。

自分に合った「モノ」を使って、五感を刺激から守ってくださいね。

人間関係をラクにする

繊細さんは、相手の感情を察しやすかったり、その場の空気を読み取る能力に長けていると思います。

そのため、「非・繊細さん」と比べてしまって、繊細な自分が間違っているなんて感じることはありませんか。

しかし、HSP専門カウンセラー 武田友紀さんは、このように言われています。

繊細さんと非・繊細さんの感覚の違いは、繊細さんの想像をはるかに超えています。

繊細さんが想像している以上に、非・繊細さんは何も感じていないということです。

なのでまず、繊細さんが感じていることは、「実は、相手は感じていないのではないか」と疑ってみることが第一歩だそうです。

実際に、非・繊細さんに聞いてみると、感覚の違いに驚くことになるかもしれませんよ。

のびのび働く

繊細さんが仕事で消耗するのは、体ではなくて「頭」の方ではないでしょうか。

考え疲れや緊張疲れといった、「不安」が引き起こす疲れである可能性が高いと言われています。

そんな繊細さんが、のびのびと働くためには、安心できる空間を作るのがいいのだそう。

真っ先に挙げられている方法は、「いろんな仕事が同時に重ならないようにすること」です。

合言葉は、「一つひとつやっていこう!」

繊細さんは、もともと一つひとつやるのが得意。

そのため、目の前の仕事とは関係ないことを追い払って、一つずつ片付けていきましょう。

自分を活かす

繊細さんには、共通する「5つの力」があるといいます。

感じる力、考える力、味わう力、良心の力、直感の力です。

これらはすべて、繊細な感性の持ち主であるからこそ、持ち合わせている力です。

そしてこの強みを活かすためには、次の二つのことを意識してみるのがポイントです。

1. 自分自身の強みと掛け合わせて使う
2. 心と体をのびのびと自由にしておく

安心できる場所で、試してみてください。

繊細さんに届いて欲しい

HSP専門カウンセラー 武田友紀さんは、600名を超える繊細さんの相談に乗ってきて、このような結論にたどり着いたそうです。

繊細さんは、自分のまま生きることでどんどん元気になっていく。
我慢をやめて本音を大切にすることで「私はこれが好き。こうしたい」と自分の軸が太くなっていきます。

繊細さんは、人に優しくて、心が深い。

そして、気遣いができる素晴らしい人だと思いますので、どうか自分らしさを大切にしてくださいね。

▶︎▶︎▶︎オーディオブックで聴く

繊細さんにオススメの記事

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。