【まとめ】BODYWINGのホエイプロテイン・大豆プロテインを比較〜成分は?味・飲みやすさは?オススメは?〜

【まとめ】BODYWINGのホエイプロテイン・大豆プロテインを比較〜成分は?味・飲みやすさは?オススメは?〜

BODYWINGから発売されている2種類のプロテインの違いについて紹介します。

プロテインは、筋トレをしている人にとっては、欠かせないアイテムですよね。

筋肉を作るためのタンパク質を、効率的に摂取することができるので、より早く理想の身体に近づくことができます。

そこでこの記事では、高品質かつ格安なプロテインメーカー”BODYWING”の、ホエイプロテインと大豆プロテインを紹介します。

プロテインを飲んでみようかと興味を持ったなら、どちらかをチョイスしておけば間違いないので、ぜひ参考にしてみてください。

では早速、2種類のプロテインの違いについてお伝えしていきます。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで探す

BODYWINGのプロテインの特徴

BODYWINGは、高品質かつ格安なプロテインメーカーです。

販売されているプロテインは、全部で4種類。

  • ソイプロテイン プレーン
  • ソイプロテイン ストロベリー
  • ソイプロテイン チョコレート
  • ホエイプロテイン ナチュラル

どれも、1kg あたり2,000円程度と、かなりお手頃な価格となっています。

特徴としては、最低限の原材料で、高度な栄養成分を摂取できること。

余分な原材料が使われていないので、食べ物に気を使っている僕のような人には、もってこいのプロテインです。

ちなみに僕は、余分な味がついていないものが好きなので、ソイプロテイン プレーンとホエイプロテイン ナチュラルを飲み比べました。

BODYWINGのホエイプロテイン・大豆プロテインの違い

栄養成分を比較(100g中)

ホエイプロテイン大豆プロテイン
エネルギー 414kcal
たんぱく質 78.0kg
脂質 6.0g
ナトリウム 188mg
(食塩相当量 0.48g)
カルシウム 452mg
炭水化物 7.7g
エネルギー 360kcal
たんぱく質 84.6g
脂質 0.2g
ナトリウム 520mg
(食塩相当量 1.32g)
カルシウム 617mg
糖質 5.1g
食物繊維 6.9g

原材料を比較

ホエイプロテイン大豆プロテイン
ホエイたんぱく(アメリカ産)脱脂大豆(非遺伝子組換え/アメリカ産地)
レシチン(大豆由来)

味・飲みやすさを比較

ホエイプロテイン大豆プロテイン
少し薄めの牛乳のような味
プロテイン独特の粉っぽさはない
言われないと大豆と分からない味
水に溶けにくく粉っぽさがある

まとめ:オススメはホエイプロテイン

ホエイプロテインと大豆プロテインを交互に飲み比べていますが、個人的なオススメは、ホエイプロテインです。

その理由は、飲みやすいことに尽きます。

大豆プロテインが不味いとは思わないのですが、粉っぽさが残るので、やや苦手と感じます。

一方、ホエイプロテインは、初めて飲んだときは、少しだけ抵抗がありましたが、だんだんと慣れてきました。

今では、お茶を飲むのと同じような感覚で飲めるくらいになっています。

とはいえ、最後は、好みの問題が大きいと思います。

もし興味があれば、それぞれを飲み比べてみて、好きな方をチョイスしてみてくださいね。

なお、それぞれのプロテインを飲んだ効果は、いまいち分かっていません。

ただ、プロテインを飲み始めてから、筋肉が大きくなってきたのを感じますし、体重と体脂肪がどんどん落ちているのは間違いありません。

なのでもしかしたら、これがプロテインの効果なのかもしれません。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで探す

筋トレに関連する記事

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。