【あいちトリエンナーレ2019】名古屋市美術館会場の楽しみ方鑑賞レポート〜概要・見どころ・感想まとめ〜

【あいちトリエンナーレ2019】名古屋市美術館会場

あいちトリエンナーレ2019「名古屋市美術館」会場へ行ってきたので鑑賞レポートを紹介します。

名古屋市美術館会場は、作品展示の規模が小さめと感じました。けどしかし、作品自体のインパクトのあるものばかり。美しさを感じるものから、社会問題を考えさせるものまで、様々な作品を鑑賞することができます。

では早速、名古屋市美術館会場について、詳しくお伝えしますね。

あいちトリエンナーレ2019全体のモデルコース・見どころ・楽しみ方などを知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

「名古屋市美術館会場」概要

「名古屋市美術館会場」特徴

都心の緑豊かな白川公園に立つ美術館。
設計は、地元出身の建築家・黒川紀章。愛知芸術文化センターからは一駅ほど離れた場所に位置する。

あいちトリエンナーレ公式サイト

会期・開館時間・休館日

  • 会期:2019年8月1日(木)–10月14日(月・祝)
  • 開館時間:9:30~17:00 金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
  • 休館日:月曜日(祝日にあたる場合はその翌日)

アクセス

  • 住所:名古屋市中区栄二丁目17番25号(芸術と科学の杜・白川公園内)
  • 地下鉄:地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」下車 5番出口から南へ徒歩8分、地下鉄鶴舞線「大須観音」下車 2番出口から北へ徒歩7分、地下鉄名城線「矢場町」下車 4番出口から西へ徒歩10分

「名古屋市美術館会場」見どころ

N01「「ガラスの中で」」by 碓井ゆい

名古屋市美術館会場に入ってすぐ迎えてくれるこの作品は、ふわーっと気持ちが軽くなった感覚を味わえます。天井から差し込む光と、大きくて透明なアクリル板が、とても美しくマッチしています。

N02「生き残る」by 今津景

観た瞬間に圧倒されるこの作品は、ありとあらゆるものが入り乱れています。左上にある「alive」という文字が、この瞬間を生きていることを意識させてくれます。そしてまた、この作品の裏側には、今に至るまでの過程について考えさせられるものが描かれていました。

N04 by モニカ・メイヤー(参加型プロジェクト)

この空間では、僕はもう、胸がズキズキと痛むのを堪えていました。ここは、参加型プロジェクトで、次の4つの問いかけの回答が書かれている場所なのです。

「女性として差別されていると感じたことはありますか?それはどのようなものですか?」
「あなたや、あなたの身近でセクハラ・性暴力がありましたか?それはどのようなものでしたか?」
「セクハラ・性暴力を無くすために何をしましたか?これから、何をしますか?」
「これまでに受けたセクハラ・性暴力に対して本当はどうしたかったですか?」

ここにある本音を読むと、当事者の気持ちを感じ取ることができます。ジェンダーについて、問いただされる空間でした。ちなみに、この場で自分の回答を記載して、掲載することができますよ。

「名古屋市美術館会場」まとめ

名古屋市美術館会場は、愛知芸術文化センター会場と比べると作品数は少ないですが、インパクトのある作品が展示されていることは同じです。

愛知芸術文化センター会場と四間道・円頓寺会場の、ちょうど真ん中あたりに位置しています。ゆったりと鑑賞を楽しめる場所ですので、ぜひ立ち寄ってみてください。

あいちトリエンナーレ2019全体のモデルコース・見どころ・楽しみ方などを知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

「あいちトリエンナーレ2019」他の会場情報

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。