【あいちトリエンナーレ2019】四間道・円頓寺会場 鑑賞レポート〜概要・見どころ・まとめ〜

【あいちトリエンナーレ2019】四間道・円頓寺会場

あいちトリエンナーレ2019「四間道しけみち円頓寺えんどうじ」会場へ行ってきたので鑑賞レポートを紹介します。

四間道・円頓寺会場は、街とアートが一体となっている場所です。いくつもの作品展示会場があるので、街を散策しながら回ることになるのですが、これがまたThe トリエンナーレという感じがして、個人的にはとても好きな雰囲気です。

そしてまた展示作品も、テーマ「情の時代」にぴったりな、「情」が動かされるものばかり。闇に葬り去りたくなるような事件・事故・記憶を掘り起こすような作品が多くて、たくさんの感情を味わうことができます。

では早速、四間道・円頓寺会場について、詳しくお伝えしますね。

あいちトリエンナーレ2019全体のモデルコース・見どころ・楽しみ方などを知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

「四間道・円頓寺会場」概要

「四間道・円頓寺会場」特徴

江戸時代から続く蔵や伝統的な建物が残る「四間道」と、市内で最も古い商店街の一つである「円頓寺商店街」「円頓寺本町商店街」沿いの建物などで展示する。

あいちトリエンナーレ公式サイト

会期・開館時間・休館日

  • 会期:2019年8月1日(木)–10月14日(月・祝)
  • 開館時間:12:00~20:00 金曜日は21:00まで(入館は閉館の15分前まで)
  • 休館日:月曜日(祝日にあたる場合はその翌日)

アクセス

  • 住所:名古屋市西区那古野1丁目及び2丁目一帯
  • 地下鉄:桜通線「国際センター」駅下車 徒歩約5分、桜通線・鶴舞線「丸の内」駅下車 徒歩約5分、名古屋駅から徒歩約15分

「四間道・円頓寺会場」見どころ

S01「あなたは、その後彼らに会いに向こうに行っていたでしょう。」by 津田道子

民家(伊藤家)とアートを融合したこの場所は、つい長居してしたくなってしまいます。オーディオを聞きながら、民家を歩いてみると、自分の本当の声が聞こえてきます。

S02「町蔵」by 岩崎貴宏

オーディオを聞ける場所から進んだところにある蔵の中には、真っ黒い街が広がっていました。まるで、焼け野原になってしまった、あの時代を思い起こさせるよう・・・

S50「『Chilla: 40 Days Drumming』」by ユザーン

なんとここでは、あいちトリエンナーレ開幕から毎日10時間、40日間の演奏修行を続ける人がいます。ひたすらインドの太鼓・タブラを叩き続けることで、彼には一体どんな変化が生まれるのでしょうか。

S08「声枯れるまで」by キュンチョメ

どうしても忘れられないのが、こちらの映像作品。自分の名前を変えた人たちのストーリーが描かれています。人をダメにするクッションに寝転びながら、人間の葛藤を味わうことができます。

もし、自分が名前を変えることになったら・・・両親は?友達は?世界は?どんな反応をするのだろうかと、想像を膨らませざるを得ません。

S10「人をダメにするクッション」by 弓指寛治

もう一つ、忘れられないのが、こちらの絵画。最初は、子供達が描かれているな、くらいにしか思わなかったのです。けどしかし、順路に従って進んでいくと、辛く、悲しいストーリーになっていることに気が付きます。

「交通事故」をテーマとしたこの場所も、「もし自分だったら」と被害者・加害者になった時のことを想像してしまいます。

「ずっと夢見てる」

S11by 毒山凡太朗 の隣にある「ずっと夢見てる」という映像作品は、なぜかとても好きと感じました。眠っている人、正確にいうと、お酒を飲んで潰れてしまっている人に、布をかけて回っているという内容の映像です。

別に心が温まるという訳ではないのです。ただ、小さな優しさを感じるというか、いつもの風景にいつもと違うことが起こっていることに、なぜか惹きつけられるものがありました。

「四間道・円頓寺会場」まとめ

四間道・円頓寺会場は、刺激的な作品が多い場所でした。家に帰ってきても、どうも目や耳に、映像・声が残っている感じがするのです。それくらいに、強いメッセージが含まれている作品が展示されています。

また、四間道・円頓寺会場の魅力は、街とアートが一体になっているところです。僕が鑑賞したタイミングでは、ちょうどお祭りが開催されていたので、この場にいるだけで楽しい気分になってきました。

他の会場とは、全然雰囲気が違う四間道・円頓寺会場を、ぜひ楽しんでみてください。

あいちトリエンナーレ2019全体のモデルコース・見どころ・楽しみ方などを知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

「あいちトリエンナーレ2019」他の会場情報

シェア大歓迎

記事を読んでいただき、ありがとうございます。もし役に立ったor参考になったときは、下のボタンからシェア・ツイートしていただけると嬉しいです。

この記事を書いた人

ぞの

ぞの

名古屋在住の20代サラリーマン。会社や周囲の顔色を伺いながら生きる人生から、自分が主人公として生きる人生へシフトするドキュメンタリーを実践中。ブログやPoints of Youを通じて、夢を実現するサポートもしています。

Points of You個人セッションの申し込み

Points of Youというユニークなカードを使ったコーチングを体験してみませんか?

自分のことを深く知り、行動できるようになるためのサポートをさせていただきます!