【要約まとめ】成功する練習の法則〜本物の練習方法を身に付けられる本〜

【要約まとめ】成功する練習の法則〜本物の練習方法を身に付けられる本〜

「成功する練習の法則 最高の成果を引き出す42のルール」の要約まとめを紹介します。

本書は、これからスキルを身に付けようとしている人にオススメです。

最小の力で、最高のスキルを習得するためには、本書にある練習方法が役に立ちます。

スポーツやプログラミングなど、どんな分野でも活用できる本物の練習方法を学ぶことができます。

この記事では、本書にある42のルールの中から、特に重要だと思うポイントを絞ってお伝えしていきます。

練習方法を学んで、効率よくスキルを身に付けてくださいね。

本物の練習方法

習得できているかを都度確認する

コーチから支持された練習をこなして、

「あー、今日もキツかった」

と満足しているだけでは、本物の練習ではありません。

その練習のやり方から、狙い通りの成果を生み出せているかを確認しなければいけないのです。

もし間違ったフォームでシュート練習をしていたら、間違ったやり方を早く身に付けてしまうだけです。

可能な限り練習を短く区切って、都度、正しく習得できているかを確認しながら行いましょう。

目標を設定する

練習を行うからには、きっと目的があるはずです。

例えば、「試合で勝つため」や「仕事で役立てるため」などがありますよね。

こうして目的を持って練習に取り組むことは素晴らしいことなのですが、上達するための練習では、「目標」を設定しなければいけません。

「30秒間でシュートを10本決める」とか「20分間プログラミングのコードを入力する」といった、具体的なものが好ましいです。

そして、習熟度合いによって、徐々に目標をグレードアップさせていきましょう。

お手本と手順書を活用する

スキルを早く正しく身に付けるためには、お手本を見ながら練習して、詳細は、手順書で理解するというやり方が効率的です。

初心者のうちは特に、どちらか一方だけでなく、お手本と手順書の両方使ったときの効果が大きくなります。

例えば、筋トレを行う場合だったら、参考になる動画と関連書籍を合わせて練習に取り入れるのがいいようです。

フィードバックを活用する

本物の練習に欠かせないのが、フィードバックです。

特に、ポジティブなフィードバックが、練習の効果を大きくしてくれるよう。

例えば、前回の練習よりも、トレーニングの回数が増えていることや、フォームが良くなっていることなどを伝えるのが効果的です。

こうしてフィードバックを活用すれば、早く望む成果を得ることができそうですよね。

まとめ

本書は、これからスキルを学ぼうとしている人にオススメです。

読み終えるとあなたはきっと、「上達すること」が上達していることでしょう。

より短い時間で、より大きな成果を得ようとしている方に役立つはずです。

ぜひ、練習前に、一読してみてください。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。