【感想】豊島美術館(香川県)の鑑賞レポート〜現地で体験してほしい!ここには最高のアートがあります!〜

ぞのマーク
ぞの

豊島美術館は、僕が最も大好きな美術館なんです!

瀬戸内海に浮かぶ「豊島」にある豊島美術館は、普通の美術館ではありません。

なぜなら、美術館といいながら、これといった作品展示がないから。

というのも、美術館という建築物が、「母型」という作品なのです。

「母型」の中に入ると、精神と時の部屋のように、異世界へワープした感覚になります。

豊島美術館を訪れた瞬間に、「息を飲む」とはこういうことかと、身をもって体験しました。

僕はかれこれ3回ほど、豊島美術館を訪れていますが、いつも違った表情をしているので、定期的に訪れたくなる場所です。

この記事では、「豊島美術館」の魅力をたっぷりとご紹介しますので、読み終えたらぜひ豊島への旅行をご検討ください。

豊島美術館とは

豊島美術館は、一般的に想像される美術館とは、異質の美術館です。

少し長いですが、wikipediaと公式サイトによる説明をご覧ください。

瀬戸内海の島々を舞台にした瀬戸内国際芸術祭が開催中であった2010年10月17日に開館。豊島北東部の海を望む丘陵地に建設された。上空から見た形状は水滴をモチーフにしたもので、建物上部には2つの大きな穴が開いており、外気や太陽光が建物内部にまで入ってくる構造になっている。
建物内部にはアーティスト、内藤礼による「母型」という作品が展示されている。建築と一体となった作品で、周囲の環境や時間の経過により変化をしていくものとなっている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/豊島美術館

瀬戸内海を望む豊島唐櫃(からと)の小高い丘に建設されるアーティスト・内藤礼と建築家・西沢立衛による「豊島美術館」。休耕田となっていた棚田を地元住民とともに再生させ、その広大な敷地の一角に、水滴のような形をした建物が据えられました。広さ約40×60m、最高高さ4.3mの空間に柱が1本もないコンクリート・シェル構造で、天井にある2箇所の開口部から、周囲の風、音、光を内部に直接取り込み、自然と建物が呼応する有機的な空間です。内部空間では、一日を通して「泉」が誕生します。その風景は、季節の移り変わりや時間の流れとともに、無限の表情を伝えます。

https://benesse-artsite.jp/art/teshima-artmuseum.html

豊島美術館への行き方

豊島美術館は、香川県の「豊島」という島にあります。

香川県高松港からフェリーで35分、岡山県宇野港からフェリーで60分ほどかかります。

また、フェリーで到着するのは、豊島の「家浦港」なので、さらにバスかレンタサイクルでの移動が必要です。

ちなみに豊島自体は、とても小さな島なので、端から端へ移動しても、30分程度です。

豊島美術館の魅力

ここからは、僕が感じている豊島美術館の魅力を、全力でお伝えしていきます。

まず大きな声で言いたいことが、豊島美術館へ行くまでの道のりが最高だということ。

坂道を海に向かって下っていくことができちゃうんです。

レンタサイクルに乗っていると、海風が超気持ち良くて、自然が大好きな人なら悶絶してしまうはずです。

季節によっては、豊島美術館付近には、田園風景が広がります。

田園風景の中に、ポツリとある白い豊島美術館は、昔からそこにあったように景色に馴染んでいます。

まるで、ここだけ時間が止まっているような気持ちにさえなっちゃいます。

豊島美術館の「母型」は、撮影NGなため、写真はありません。

ただ、貴重な映像が、YouTubeにアップされているので、気になる方はこちらをどうぞ。

豊島美術館の中の雰囲気は、とっても静か。

美術館の入り口に立った瞬間、息を飲んでしまうくらいに雰囲気が変わります。

一見すると、大きな穴が2つあるだけの美術館。

晴れた日には、たくさんの光が差し込んできて、とっても明るい印象になります。

逆に、雨が降っているときには、暗い雰囲気になりますが、雨音が心地よく響いてこれまた最高です。

そしてまた、足下をよく見てみると、少量の水が穴から噴き出しているところがあります。

吹き出した水は、水たまりを作って、別の水溜りへ行ったり、穴に吸い来れまれて行ったり。

ぞのマーク
ぞの

僕は、太陽の光を浴びながら、水の流れを眺めていることが、この世でもっとも贅沢な時間だと感じるほどに大好きなんです。

豊島美術館には、併設された「豊島美術館カフェ」とお土産売り場とが一体になった施設があります。

瀬戸内国際芸術祭の会期中は、混雑していて待ち時間があるのですが、会期外だったら比較的空いています。

豊島美術館のイメージにぴったりなレモンロールケーキや、白色のお土産がたくさんあって、ついついお財布の紐が緩んでしまいます。

豊島美術館の詳細

名称豊島美術館
住所香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃607
開館時間3月1日 〜 10月31日 10:00 〜 17:00(最終入館16:30)
11月1日 〜 2月末日 10:00 〜 16:00(最終入館15:30)
鑑賞料金1,570円※15歳以下無料
休館日火曜日(3月1日〜11月30日)
火曜日から木曜日(12月1日〜2月末日)
電話番号0879-68-3555
HP公式サイト
完全予約制なので、公式サイトからの予約を忘れずに!

豊島美術館まとめ

規則性がまったくなく、沸いては吸い込まれてを繰り返す水。

季節によって、時間によって、天候によって、違う雰囲気を醸し出す母型。

豊島美術館は、どこの美術館とも異なる魅力を持っています。

だから僕は、何度も何度も訪れたくなってしまいます。

そして、この記事を読んでいただいた方には、肌で豊島美術館を味わっていただきたいと思っています。

ぜひ、香川県に浮かぶ豊島まで、旅行計画を立ててくださいね。

▼こちらに、豊島を観光するときに参考にしていただきたい情報をまとめましたので、併せて読んでいただきたいです。

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。