【感想】「レム六本木」の宿泊レポート〜東京タワー・スカイツリーが部屋から見えるホテル〜

【感想】「レム六本木」の宿泊レポート〜東京タワー・スカイツリーが部屋から見えるホテル〜

東京・六本木にあるホテル「レム六本木」に宿泊してきたので紹介します。

レム六本木は、眠ることにこだわりにこだわりまくっているホテルです。

ホテルの案内には、

客室ではなく「寝室」、

自分の部屋のように おくつろぎください

https://www.hankyu-hotel.com/hotel/remm/roppongi/concept/

とあるとおり、めちゃくちゃぐっすりと旅の疲れを癒すことができました。

また、部屋から東京タワーとスカイツリーの両方が見れることも、かなりテンションが上がります。

夜になると、それぞれが光り輝いていて、最高な気分になることができますよ。

では早速、レム六本木について、詳しくお伝えしていきますね。

「レム六本木」宿泊レポート

客室

今回、ぼくが宿泊した部屋は、「ツインルーム」です。

オシャレな黄緑色をベースとしたお部屋に、東京タワーが描かれた絵画が飾られています。

シンプル好き&芸術好きのぼくとしては、部屋に入った瞬間からテンション爆上がりです。

浴室は、3面がガラス張りになっています。

浴室から、夜景を眺めることができることが最高です。

夜に湯船に浸かりながら、部屋の電気も真っ暗にして、外を眺めるのがたまらなかったです。

旅の疲れが、一気に吹き飛びます。

部屋から見える外の景色には、なんと東京タワーとスカイツリーを、同時に見つけることができます。

同じ部屋から両方のシンボルを見られるなんて、いくら東京でも、なかなかない絶景スポットなのではないでしょうか。

夜になると、六本木の街のあかりと、それぞれのタワーが光り輝いている様子に、うっとりしてしまいます。

夜景好きには、たまらない景色が、ここにあります。

アメニティもすごく充実しているのが印象的で、特にナイトウェアが最高すぎました。

優しく体が包まれている感じが、人生で初めての感覚。

ホテルでは眠りが浅くなりがちな僕ですが、自宅で眠る以上に、深い眠りにつくことができました。

さらに驚いたことが、六本木という大都会にも関わらず、部屋の外の音がまったく聞こえないこと。

隣の部屋の音はもちろんのこと、廊下を歩く音や、六本木の街の音は、一切しませんでした。

どういう構造になっているのかわからないのですが、さすが、眠りに拘っているホテルだと思いました。

食事(朝食)

朝食は、ホテル2階にある「CEDAR THE CHOP HOUSE & BAR」になります。

広くて落ち着いた空間という印象。

洋食と和食を選ぶことができるのですが、僕は「和食」をチョイス。

若干、量が少ないと感じましたが、味は、一流です。

一つ一つ、新鮮な食材が使われていることが分かって、とっても美味しかったです。

「レム六本木」概要

ホテル情報

ホテル名レム六本木
住所〒106-0032 東京都港区六本木七丁目14番4号
電話03-6863-0606
チェックイン14:00
チェックアウト12:00
客室総数400室
レディースフロア
駐車場
ウェブサイト公式サイト
楽天トラベル掲載有り

地図・アクセス

  • 東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口より徒歩約1分
  • 都営大江戸線「六本木駅」7番出口より徒歩約1分

「レム六本木」まとめ

レム六本木は、今まで宿泊したホテルの中で、もっともグッスリと眠ることができたホテルです。

ホテルの案内に、「眠りへのこだわり」が書かれてあるとおり、本当に最高の睡眠をとることができました。

特に、ナイトウェアが最高すぎて買って帰りたかったのですが、おそらくオリジナル製品なので、販売はしていないようでした。

「レム」は、各地にもあるみたいなので、またどこかで宿泊したいと思います。

しっかり眠りたい人には、本気でオススメのホテルですよ。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています

注目記事

この記事を書いた人

ぞの

こんにちは、"ぞの(@z02n05)"です。会社員をしながら、ブログ執筆やPoints of Youコーチングなどの活動をしています。当サイトでは、「人生ネタだらけ」をモットーに、リアルな体験談を記事にしています。仕事が忙しい方や人間関係に悩む方に、よく読んでいただいてます。